FRANCHIR YouTube FRANCHIR Facebook FRANCHIR twitter
国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders
ミャンマー語サービス総合案内/株式会社フランシール
ミャンマー語サービス総合案内
  1. ミャンマー語とは
  2. ミャンマー語翻訳
  3. ミャンマー語法定翻訳
  4. ミャンマー語通訳
  5. ミャンマー語字幕・ナレーション
  6. ミャンマー語人材派遣
  7. ミャンマー語コーパス

ミャンマー語とは

ミャンマー語(myanma bada, Burmese、(မြန်မာဘာသာစကား 文語体; မြန်မာစကား 口語体)は、ミャンマー連邦共和国の公用語です。ミャンマー語はシナ・チベット語族チベット・ビルマ語派に属します。ビルマ語の話者は主にミャンマー連邦共和国に分布します。ミャンマーでは住民5,570万人中約4,200万人がミャンマー語を母語として話していますが、1000万人がミャンマー語を第二言語として話します。ミャンマーは多民族国家で、ミャンマー政府の発表によればビルマ族を含めると135種類の民族が居住しています(カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族など)。少数民族は固有の言語を持っていますが、言語使用状況は様々であり、民族固有の言語しか話せない人もいれば、少数民族語とミャンマー語を同じように使いこなせる人もいますし、少数民族ですがミャンマー語しか話せない人もいます。

ミャンマー政府は1989年に同名の英語呼称を、それまでにBurmaからMyanmar に変更しました。日本語でもビルマと呼ぶかミャンマーと呼ぶかという問題がありましたが、マスコミは国名変更とみなし、日本外務省のサイト(ミャンマー基礎データ)でも「ミャンマー連邦共和国」、言語はミャンマー語、民族は70%がビルマ族となっています。しかし、実はビルマ語での国名は変わっていません。ビルマ語における自国の名称はMyanma(မြန်မာ [mjəmà])、もしくはBama(ဗမာ [bəmà])で、Bamaが口語体の国名であるのに対し、Myanmaは文語体の国名です。ミャンマー語には口語体と文語体があり、口語体は口語表現で用いる文体で、文語体は筆記言語で用いる文章です。ミャンマー国内では英語の国名がMyanmarになったというのは、それまでの口語表現が文語表現に変わったことでしかありませんでしたが、世界のマスコミや政治的立場などから様々な意見が出て他国で混乱が生じました。同様にミャンマー語はビルマ語と同じなのですが、最近はミャンマー語と呼ばれることのほうが多いようです。

ミャンマー語はビルマ文字を使って書き表されます。この文字はモン文字に由来します。モン文字の起源は南インドにあり、モン族によって5世紀か6世紀ごろから使われ続けていますが、11世紀頃にこれを改変してビルマ語を書くための文字体系としても使われはじめました。(ビルマ語、モン語、ビュー語、バーリ語の4言語で彫られた1112年のラージュクマール碑文はビルマのロゼッタストーンと呼ばれています。)
ビルマ文字はその長い歴史から、正書法には現代の発音との食い違いが見られ、発音と文字が一対一では対応していません。また、ミャンマー語には中国語やタイ語、ベトナム語同様、声調(下降調、低平調、高平調の3つ)があります。母音は7つあり、子音は30個以上あります。有気音と無気音と呼ばれる違いがあったり、無声鼻音があったり、舌を歯につけて発音する「タ」と歯茎につけて発音する「タ」の区別などもあり、日本人が慣れるまでには時間がかかります。
基本的な語順は日本語と同様に「主語+目的語+動詞」です。名詞の格変化や動詞の活用はありません。名詞や動詞の後に様々な助詞がついて意味を添えます。基礎的な単語の多くは1音節からなりますが、複合がさかんに行われるので、複音節語がたくさんあります。

ミャンマー語翻訳

フランシールのミャンマー語サービスのページです。フランシールは、主に国際協力関係の翻訳を中心に活動している会社です。独立行政法人国際協力機構(JICA)をはじめ、日本貿易振興機構(JETRO)、外務省、文部科学省や、国際協力業務に携わる民間のコンサルタント会社や建設会社から、研修資料、レポート、パンフレット等の様々な翻訳を受注しております。
詳しく知りたい方はこちら

ミャンマー語法定翻訳

フランシールではミャンマーに移転、出張などに必要な、戸籍謄本、卒業証明書、住民票、登記簿謄本、定款などの書類をミャンマー大使館向け法定翻訳として発行します。
詳しく知りたい方はお問合せくださいませ

ミャンマー語通訳

フランシールにお問い合わせいただくミャンマー語通訳は多岐にわたります。フランシールが得意とする国際協力分野での海外同行通訳や重要な会議、セレモニーの通訳はもちろんのこと、企業同士のビジネスミーティング、記者会見、インタビューなど、あらゆるニーズにお応えしております。
詳しく知りたい方はこちら

ミャンマー語字幕・ナレーション

動画の配信や、研修用の資料など、ウェブサイト等に掲載するデジタルコンテンツの制作や発信強化には、デザイン性だけでなく、視聴者を意識した、正確な字幕や聞きやすいネイティブによるナレーションが重要です。フランシールではミャンマー語の字幕・ナレーション等のサービスを行っております。
詳しく知りたい方はこちら

ミャンマー語人材派遣

長期のプロジェクト用に社内に翻訳・通訳ができる人を配置したい、できれば同じ人に長期間働いてもらいたい、をという場合には人材派遣での通訳や翻訳者派遣を行っています。
長期の建設案件などを海外で行う際に、現場に通訳スタッフを配置したい場合は一カ月から数年間の長期間、アドミスタッフを派遣します。
詳しく知りたい方はこちら

ミャンマー語コーパス

AI翻訳用のコーパス作成を行います。対訳データがあるもの(図書、文書)をご用意いただき、こちらでご希望の様式(エクセルなど)に対訳データとして出力して納品いたします。また、ミャンマー語の音声が必要な場合にもお問い合わせください。
詳しく知りたい方はこちら
無料お見積もりはこちら
お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。


「金融・経済・法務」分野(日英)
「工業・科学技術」分野(日英)