国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders
フランシールのカンボジア語(クメール語)翻訳・通訳
  1. カンボジア語とは
  2. フランシールのカンボジア語(クメール語)翻訳
  3. フランシールのカンボジア語(クメール語)通訳
  4. フランシール その他のカンボジア語(クメール語)関連サービス
  5. 機械翻訳(AI翻訳)
  6. カンボジア語(クメール語)翻訳コーパス作成

カンボジア語(クメール語)とは

カンボジア語はクメール語とも呼ばれますが、どちらも同じ言語です。カンボジア語の中でにはカンボジア(កម្ពុជា)とクメール(ខ្មែរ)という単語がありますが、前者は「カンボジア王国」と国名を言うときに使うかたい感じ、後者は「カンボジア語」「カンボジア人」「カンボジア料理」をいうのに一般的に使われます。

カンボジア語は、カンボジア王国の国語で、人口約1400万人の9割以上が母語として話している他、タイ東北部、ベトナム南部、ラオスに計約200万人、難民として第三国(アメリカ、フランス、オーストラリア、日本など)に定住した話者が約23万人います。系統的にはオーストロアジア語族のモン・クメール語族に属します。隣国の公用語、ベトナム語も同じモン・クメール語族に含まれています。

ベトナム語がアルファベット表記であり、漢字文化圏であることに対して、カンボジア語は古くからインド文化の影響を受けており、文字も南インドの文字に起源をもつ固有の文字を使っています。古くからの記録が残っており、最古の記録は、カンボジア王国タケオ州で発見されたシャカ暦533年(西暦611年)と記された碑文です。日本人にとっては見慣れない形ですが、カタカナやローマ字と同じ表音文字です。

インド文化の影響から、カンボジア語には、パーリ語、サンスクリット語からの借用語が多く、日常用語は中国語から、数詞や行政用語はタイ語からも借用しています。植民地期(1887年から1953年)にはフランス語が公用語とされていたため、フランス語からの借用語も多くあります。

文字の仕組みは、33個の子音文字の上下左右に21種類の母音記号やその他の記号を付ける、というものです。子音文字には「脚」と呼ばれるもう一つの字体があり、一つの語の中で子音が連続している時にはこれを用います(上記のクメール(ខ្មែរ)という語も実は5文字から成立しており、真ん中の下にある記号が「脚」で、子音を表しています)。古くから使用されていた文字に対し音声が変化したため、二つの文字が同一子音を表す一方(កとគ)、同一記号が二つの母音を表すという複雑な体系をなしています。

母音は9つあり、中国語のような声調や日本語のようなアクセントの区別はありませんが、母音の発声方法が2種類あります。こういった音を聞き分けたり、カンボジア人と同じ発音をしたりすることは難しいのですが、違いに注意しながら発音することが重要です。特に音節頭の無気音と有気音の区別、音節末の子音の区別について違いを意識して発音しないと全く別の意味になりかねません。
カンボジア語の語彙はほとんどが短音節か、接辞(前接辞か接中辞)がつい2音節で、それより長い語は外来語です。接辞による造語法はかつて使われていましたが、現在では新しい語を作ることはありません。(外来語に置き換える際に利用されることはあります。)

文法はとても簡単で、名詞が複数形になったり、動詞が過去形になったりするような単語の形の変化はありません。(中国語、ベトナム語のように孤立語です。)日本語同様言わなくてもわかる主語や目的語については言いません。語順が大切な規則となるので、①主語+述語+目的語(例:私は+食べる+○○を)、②被修飾語+修飾語(例:箱+白い)、③付属語+自立語(例:~で+公園)という3つの語順を必ず守る必要があります。

左から右に横書きし、日本語と同じく分かち書きをしません。カンボジア語から日本語に入ってきた借用語には「キセル」があります。

翻訳に関しては、ファイルの受け渡しの際には、フォントが適したものかどうかを確認する必要があります。コンピューターによってはカンボジア語のフォントがインストールされていないものもあるので、カンボジア語でのドキュメント作成時には注意が必要です。

フランシールのカンボジア語(クメール語)翻訳

フランシールは、主に国際協力関係の翻訳を中心に活動している会社です。独立行政法人国際協力機構(JICA)をはじめ、日本貿易振興機構(JETRO)、外務省、文部科学省や、国際協力業務に携わる民間のコンサルタント会社や建設会社から、研修資料、レポート、パンフレット等の様々な翻訳を受注しております。

一般に国際協力業務に関する翻訳といっても内容は多岐にわたっており、調査に関する報告書、建築や土木に関する図面、機材の仕様書、オペレーションマニュアル、入札図書、契約書や、研修で使うテキストなど、翻訳対象は多岐にわたります。また、関係する分野も、教育、保健医療、水資源、運輸交通、情報通信、資源・エネルギー、水産、平和構築、ジェンダーと多岐にわたります。

翻訳に際しては、お客様がすでに過去使われている用語や、プロジェクトや国や地域により使われる技術用語や組織名称を確認し、ご希望に沿った表現、用語を使って翻訳するように常に心掛けております。また報告書に特有の日本語原稿をそのニュアンスを損なうことなくカンボジア語にするため、長い日本語文をいくつかの文章に分けてより分かりやすくしたり、契約関係書類については国際協力特有の様式や国際約款の表現や用語を参照にして作成します。

特に調査報告書のカンボジア語翻訳は援助の対象国だけではなく、国内、海外で広く読まれるものとなります。インターネットでの情報開示などが多くなっている昨今、翻訳の品質については求められているレベルがますます高くなってきております。フランシールではこのような高い要求に応えるべく、ネイティブの翻訳者、チェッカーの数・質の増強を図っています。

カンボジア語翻訳は、国際協力業務以外にも、戸籍謄本、住民票、在学証明書などの公的書類の法定翻訳や、契約書や裁判資料などのリーガル翻訳、ホームページの会社案内、動画の字幕翻訳、機械の取扱説明書なども行っております。納品した翻訳についての質問も、社内のスタッフが納得していただけるまでお応えします。

カンボジア語(クメール語)翻訳 実績

  • カンボジア版接遇マニュアル(英語→カンボジア語)
  • 健康状態に関する質問書の翻訳(日本語→カンボジア語)
  • ゴールボール競技説明資料(英語→カンボジア語)
  • 2018年カンボジア環境ビジネス(日本語→カンボジア語)
  • JENESYS・カンボジア若手政治関係者招へいに係る翻訳業務(日本語→カンボジア語)
  • 取扱説明書翻訳(日本語→カンボジア語)
  • 認定通知書ほか書類9点(日本語→カンボジア語)
  • 研修教材翻訳業務(日本語→カンボジア語)
  • 植林植樹カンボジア事業アンケート翻訳(日本語→カンボジア語)

フランシールのカンボジア語(クメール語)通訳

フランシールにお問い合わせいただくカンボジア語通訳は多岐にわたります。フランシールが得意とする国際協力分野での海外同行通訳や重要な会議、セレモニーの通訳はもちろんのこと、企業同士のビジネスミーティング、記者会見、インタビューなど、あらゆるニーズにお応えしております。また、高度な通訳技術が必要とされる同時通訳や、専門性が高く、かつ大勢の研修生に対して行う講義通訳、あるいは海外のゲストが来日する際のケアを兼ねるエスコート通訳など、語学のスキル以外にもプラスアルファが求められる業務のご依頼も増えています。

また、2020年のコロナ禍からオンラインでの通訳依頼も増えています。ZOOMで海外とつないだ会議通訳、世界各国をつないだオンラインでの国際会議、海外のスタッフとの面談、海外を含む複数の企業が参加する会議など、こちらも逐次通訳・同時通訳という範疇だけではなく、お客様のオンラインのプラットフォーム、ご予算、対象人数などによって様々なケースが出てきました。
まずは弊社のスタッフにご相談ください。こちらからご予算やご利用方法にあった提案をさせていただきます。

カンボジア語(クメール語)通訳派遣 実績

  • JENESYS・カンボジア若手政治関係者招へいに係る通訳業務
  • JENESYS・カンボジア招へいスポーツ交流(カヌー)に係る通訳業務
  • JENESYS ・カンボジア招聘日本文化交流に係る逐次通訳業務
  • JENESYS・カンボジア若手政治家に係る逐次通訳業務
  • カンボジア日本センターVirtual Study Tour通訳
  • カンボジア都市開発・不動産開発プラットフォーム会合における通訳業務
  • スポーツにおける新型コロナウイルス感染症対策オンラインセミナー

フランシール その他のカンボジア語(クメール語)関連サービス

社内通訳・社内翻訳者派遣(人材派遣)

長期のプロジェクト用に社内に翻訳・通訳ができる人を配置したい、できれば同じ人に長期間働いてもらいたい、という場合には人材派遣での通訳や翻訳者派遣を行っています。

海外アドミ派遣

長期の建設案件などを海外で行う際に、現場に通訳スタッフを配置したい場合は一カ月から数年間の長期間、アドミスタッフを派遣します。

動画作成支援

動画作成時のナレーション、議事録の文字おこし、字幕用翻訳も行っております。

機械翻訳(AI翻訳)

弊社でも機械翻訳をすることが可能です。大量の原稿を短時間で確認したい、重要な点がどこに載っているのか知りたい、など、ご利用方法によってはお勧めさせていただいております。また、スキャンデータの精度によっては、プリエディット(原稿の前処理)をしてから機械翻訳を行ったほうが良い場合もございますので、まずは原稿の状態を確認させてください。AI翻訳には誤訳が含まれる可能性があるため、ポストエディット作業もお勧めしております。

AI翻訳はかなり精度が高くなってきていますが、特に日本語とカンボジア語(クメール語)など、文章の構造が大きく異なる言語ペアの間では、そのまま利用することをお勧めできる品質ではありません。正式な提出物とするべき書類については、ベテランの翻訳者による翻訳をお勧めしておりますが、入札図書や参考文献などスピーディーに内容を把握する必要がある場合には機械翻訳が効力を発揮します。

カンボジア語(クメール語)翻訳コーパス作成

AI翻訳用のコーパス作成を行います。対訳データがあるもの(図書、文書)をご用意いただき、こちらでご希望の様式(エクセルなど)に対訳データとして出力して納品いたします。また、カンボジア語(クメール語)の音声が必要な場合にもお問い合わせください。
お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。


「金融・経済・法務」分野(日英)
「工業・科学技術」分野(日英)