国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

スペイン語

スペイン語とは

スペイン語 は、スペイン、中南米諸国(メキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、キューバ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、コロンビア、アルゼンチン、ペルー、チリ、エクアドル、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイ)に加えて、アメリカ合衆国の委任統治領プエルト・リコ、アフリカの赤道ギニアの計21の国と地域で公用語とされている言語です。方言による発音の差は存在しますが、文法や語彙は使用域の広大さに比べてさほど大きくはありません。

スペイン語は、ラテン語から派生した「ラテン系」の言語でインド・ヨーロッパ語族に属します。文部科学省の統計によると、スペイン語の言語別使用人口は4億2500万人で、世界で4番目に使用人口が多い言語です。(文部省サイト

日本とスペインとの関係は1549年のスペイン人宣教師に日本を訪れたフランシスコ・ザビエルの九州上陸までさかのぼりますが、その後1624年に江戸幕府の禁教政策のためにスペイン船が来航を禁止されるまで、両国の間には盛んな往来が見られました。この間に日本語に入ったスペイン語には、 おじや(olla)、カルタ(carta)、ボタン(botón)などがあり、「おんぶ」の語源はスペイン語の「オンブロ」hombro(肩の意味)とも言われています。

スペイン語は国連の公用語でもあり、アメリカでもスペイン語人口は近年増加傾向にあります。広域性と汎用性から世界で影響力のある言語のひとつだとも言えます。

フランシールのスペイン語翻訳

ランシールは、主に国際協力関係の翻訳を中心に活動している会社です。独立行政法人国際協力機構(JICA)をはじめ、日本貿易振興機構(JETRO)、外務省、文部科学省や、国際協力業務に携わる民間のコンサルタント会社や建設会社から、研修資料、レポート、パンフレット等の様々な翻訳を受注しております。

一般に国際協力業務に関する翻訳といっても内容は多岐にわたっており、調査に関する報告書、建築や土木に関する図面、機材の仕様書、オペレーションマニュアル、入札図書、契約書や、研修で使うテキストなど、翻訳対象は多岐にわたります。また、関係する分野も、教育、保健医療、水資源、運輸交通、情報通信、資源・エネルギー、水産、平和構築、ジェンダーと多岐にわたります。

翻訳に際しては、お客様がすでに過去使われている用語や、プロジェクトや国や地域により使われる技術用語や組織名称を確認し、ご希望に沿った表現、用語を使って翻訳するように常に心掛けております。特にスペイン語はスペイン本国と中南米諸国とでは文体やスタイルが異なりますので、翻訳が必要な文書が最終的に提出される国も考慮し、適切な翻訳者の選定を行います。また報告書に特有の日本語原稿をそのニュアンスを損なうことなくスペイン語にするため、長い日本語文をいくつかのスペイン語文に分けてより分かりやすくしたり、契約関係書類については国際協力特有の様式やFIDICのような国際約款の表現や用語を参照にして作成します。

調査報告書のスペイン語翻訳は援助の対象国だけではなく、国内、海外で広く読まれるものとなります。インターネットでの情報開示などが多くなっている昨今、翻訳の品質については求められているレベルがますます高くなってきております。フランシールではこのような高い要求に応えるべく、スペイン語ネイティブの翻訳者、チェッカーの数・質の増強を図っています。

スペイン語翻訳は、国際協力業務以外にも、戸籍謄本、住民票、在学証明書などの公的書類の法定翻訳や、契約書や裁判資料などのリーガル翻訳、ホームページの会社案内、動画の字幕翻訳、コンプレッサーマニュアルなどの機械の取扱説明書なども行っております。フランシールでは、日本語⇔スペイン語のみならず、英語⇔スペイン語やスペイン語⇔ポルトガル語といった言語の組み合わせにも対応可能です。納品した翻訳についての質問も、社内のネイティブスタッフが納得していただけるまでお応えします。

スペイン語翻訳 実績

  • 再生可能エネルギーの開発に向けた電力セクターマスタープラン策定プロジェクト(日本語→スペイン語)
  • 中南米・カリブ地域における UHC 達成に係る情報収集・確認調査(日本語→スペイン語)
  • エルサルバドル国「病院前診療の能力強化プロジェクト」本邦研修(日本語→スペイン語)
  • 中米統合機構加盟国向け・ビジネスを通じた女性のエンパワメント(日本語→スペイン語)
  • JICA母子保健講義資料(日本語・英語→スペイン語、スペイン語→ポルトガル語)
  • 外務省ジャパン・ハウス ウェブサイト掲載コンテンツの翻訳(日本語・英語⇔スペイン語、ポルトガル語⇒スペイン語)
  • 国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)裁判資料翻訳(スペイン語→日本語)
  • Enagas Spain Barcelona向けLNG BOG コンプレッサーマニュアル(英語→スペイン語)
  • パナマ向け LP BOGコンプレッサーマニュアル(英語→スペイン語)
  • 炭鉱技術研修動画ディクテーションおよびナレーション翻訳作成(日本語→スペイン語)
  • 農業分野研修教材字幕作成(日本語→スペイン語)
  • 税務分野研修教材翻訳およびスペイン語ナレーション収録(日本語・英語→スペイン語)

フランシールのスペイン語通訳

フランシールにお問い合わせいただくスペイン語通訳の多くは、国際協力分野における海外同行通訳や重要な会議での通訳です。国際協力分野で活躍されるお客様のなかにはスペイン語が堪能な方もいらっしゃいますが、プロジェクトの成功を左右するような重要な局面においては、プロの通訳者を交えた円滑な議論の進行が求められる場面も多く見られます。また、高度な通訳技術が必要とされる同時通訳や、専門性が高く、かつ大勢の研修生に対して行う講義通訳、あるいは大勢の客人が来日する際のケアを兼ねるガイド通訳など、語学のスキル以外にもプラスアルファが求められる業務のご依頼も増えています。

また、2020年のコロナ禍からオンラインでの通訳依頼が増えています。ZOOMで海外とつないだ会議通訳(逐次)、世界各国をつないだオンラインでの会議、海外のスタッフとの面談、海外を含む複数社との会議など、こちらも逐次通訳・同時通訳という範疇だけではなく、お客様のオンラインのプラットフォーム、ご予算、対象人数などによって様々なケースが出てきました。
まずは弊社のスタッフにご相談ください。こちらからご予算やご利用方法にあった提案をさせていただきます。

スペイン語通訳派遣 実績

  • キューバ国青年の島における電力供給改善計画準備調査調査同行通訳
  • ペルー国地下鉄耐震構造設計の国家基準整備及びリマ都市交通計画アドバイザー業務打合せ時の通訳
  • 静岡・メキシコ地域包括ケアセミナー同時通訳
  • グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会同時通訳
  • エルサルバドル救急医療プロジェクトにおける遠隔会議同時通訳
  • ニカラグア共和国マドリス県及びヌエバ・セゴビア県教育施設整備計画通訳派遣
  • 南バハカリフォルニア州における高性能小型焼却炉導入による廃棄貝殻の焼成・減容化及び残渣の再資源化に向けた案件化調査現地通訳派遣
  • 外務省対日理解促進交流プログラムJuntos!!通訳エスコート
  • 高齢化対策に関する現状確認調査団(メキシコ派遣)
  • スポーツ政策支援「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」事業に係る通訳業務
  • コロンビアメデジン市インフラ投資機会セミナー同時通訳
  • 北米・中南米地域中米地域質の高いインフラ導入に係る情報収集・確認調査セミナー同時通訳

フランシール その他のスペイン語関連サービス

社内通訳・社内翻訳者派遣(人材派遣)

長期のプロジェクト用に社内に翻訳できる人、通訳できる人を配置したい、できれば同じ人に長期間働いてもらいたい、という場合には人材派遣での通訳や翻訳者派遣を行っています。

海外アドミ派遣

長期の建設案件などを海外で行う際に、現場に通訳スタッフを配置したい場合は一カ月から数年間の長期間、アドミスタッフを派遣します。

動画作成支援

動画作成時のナレーション収録、議事録の文字おこし、字幕作成も行っております。

ネイティブチェック

弊社の翻訳の多くはスペイン語を母国語としている者が行っております。また、日本人の翻訳者の翻訳も社内のネイティブコーディネータがチェックします。お客様が翻訳したテキストを弊社のスペイン語チェッカーがチェックすることも可能です。テキストの使用目的(会社案内やパンフレットなどの広報的な目的か、報告書なのか、研修用テキストなのか、入札用なのか、など)を教えていただき、原文をお送りください。こちらでネイティブチェックか、日本語も確認しながらの校閲になるか、あるいは別の方法などをご提案させていただきます。
(*ただし、機械翻訳したもののチェックは原則として行っておりません。その場合はポストエディットの欄をご確認ください。)

機械翻訳(AI翻訳)

弊社でも機械翻訳をすることが可能です。大量の原稿を短時間で確認したい、重要な点がどこに載っているのか知りたい、など、ご利用方法によってはお勧めさせていただいております。また、スキャンデータの精度によっては、プリエディット(原稿の前処理)をしてから機械翻訳を行ったほうが良い場合もございますので、まずは原稿の状態を確認させてください。AI翻訳には誤訳が含まれる可能性があるため、ポストエディット作業もお勧めしております。

AI翻訳はかなり精度が高くなってきていますが、特に日本語とスペイン語など、文章の構造が大きく異なる言語ペアの間では、そのまま利用することをお勧めできる品質ではありません。正式な提出物とするべき書類については、ベテランの翻訳者による翻訳をお勧めしておりますが、入札図書や参考文献などスピーディーに内容を把握する必要がある場合には機械翻訳が効力を発揮します。

スペイン語翻訳コーパス作成

AI翻訳用のコーパス作成を行います。対訳データがあるもの(図書、文書)をご用意いただき、こちらでご希望の様式(エクセルなど)に対訳データとして出力して納品いたします。また、スペイン語の音声が必要な場合にもお問い合わせください。
お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。


「金融・経済・法務」分野(日英)
「工業・科学技術」分野(日英)