国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

<MemoQマニュアル> 各画面の説明(DESKTOP版とWEB版)

2021年12月14日

MemoQをダウンロードし翻訳作業を行う場合、作業をデスクトップ版で行うか、ブラウザ上で行うか2通りの選択肢があります。表示される画面が少し異なりますので、実際にどのような画面表示となるのか説明します。

 

まず、MemoQを立ち上げたらダッシュボードから対象のプロジェクトを選択⇒翻訳対象ファイルをダブルクリックします。

 

↓ファイルを開く際に、この画面が表示されます。

デスクトップにMemoQがダウンロードされている場合は、ローカルプロジェクト(=デスクトップ上でファイルを開く)またはWeb Trans(=ブラウザ上でファイルを開く)で文書を編集するかを選択することができます。私は最初この「チェックアウト」という表現に違和感を覚えて「ログアウト」と脳内変換され、「あ、このままログアウトしてはいけない!!」と思ってしまっていましたが、「チェックアウト」は「立ち上げ」と同じ意味合いです。

 

では、「プロジェクトをチェックアウト」を選択してみましょう。

 

MemoQ上で新たなウィンドウが開き、次の画面が表示されます。

左側に元言語(この場合は日本語)、右側に翻訳用のセルが表示されます。文章はセグメントごとに区切られており、翻訳者は右側に翻訳(この場合は英語)を入れていきます。

 

では次に、「Web Transで文書を開く」を選択してみます。

 

ブラウザが開き、次の画面が表示されます。

デスクトップ版同様、左側に元言語、右側に翻訳用のセルが表示されます。

デスクトップ版とは異なり、上部にさまざまなアイコンやボタンが並びますが、すべて英語で表示されます。作業もデスクトップ版同様、右側に翻訳を入力していきます。

以上、ローカルプロジェクトとWeb Trans上の画面表示についてのご説明でした。

株式会社フランシール MemoQプロジェクトスタッフ

<<
>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。


「金融・経済・法務」分野(日英)
「工業・科学技術」分野(日英)

最近のコメント