国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

<めじろ奇譚>二つの意味を一つのことばに詰め込んだportmanteau語

2021年9月16日

英語で「portmanteau」といえば、もともとは、両開き式の旅行かばんを指していた。今はローリングスーツケースやリュックなどの普及により、このタイプのかばんはほとんど見かけませんが、「portmanteau」という言葉は2つ以上の単語とその意味を融合して作られた言葉を指す用語として今でも使われています。(ちなみに、「portmanteau」という言葉はフランス語からの借用語ですが、言語学用語のportmanteau語に該当するフランス語は「mot-valise」(かばん語)となります)。

英語ではこのような言葉を「portmanteau」と呼ぶようになったのは、ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』で、ハンプティ・ダンプティというキャラクターがlithe(柔軟な)とslimy(ヌルヌルした)の組み合わせから作り上げた「slithy」という言葉を主人公のアリスに次のように説明したことから始まります。

「You see it’s like a portmanteau – there are two meanings packed up into one word」
(「おわかりのように、かばんみたくなっておるわけ――二つの意味を一つのことばにつめこんであるのだ」)。

Portmanteau語の例:

Brunch (ブランチ) = breakfast(朝食)/ lunch(昼食)
Cosplay (コスプレ) = costume(コスチューム)/ play(プレイ)
Cyborg = cybernetic (人工頭脳学の) / organism (生命体)
Malware (マルウェア) = malicious (悪意のある) / software(ソフトウェア)
Paralympic Games (パラリンピック) = paraplegic (対麻痺) / Olympic(オリンピック) (パラリンピックの起源が脊髄損傷者のリハビリの一環として行われた大会です。)
Smog (スモッグ) = smoke(煙)/ fog(霧)
Webinar (ウェビナー) = web(ウェブ)/ seminar(セミナー)

この他にも、複合語(compound word)や音節の略語(syllabic abbreviation)など、2つ以上の単語を組み合わせた言葉があります。Portmanteau語と、「seatbelt」などの複合語との違いは、複合語はその構成要素の元の単語(この場合は「seat」と「belt」)に分解できますが、portmanteau語の場合は、構成するすべての単語が完全には含まれていないため、このように分解できません。例えば、「brunch」というportmanteau語をどのように分解しても、意味のある単語が一つもできません。また、「cosplay」の場合は、「play」はそれだけで一つの単語にはなりますが、「cos」という単語は存在しません。
(構成要素となる単語のいずれかが完全な状態で含まれている場合は真のportmanteau語ではないという定義もありますが、それでも「cosplay」はportmanteau語として分類されることが多くて、この定義について意見が分かれているようです。)

一方、音節の略語とは、例えば「Interpol」(International + police)のような複数の単語の頭の音節から形成された言葉です。

なお、「portmanteau」という言葉自体は、フランス語の「port」(運ぶ)と「manteau」(コート)という2つの言葉を組み合わせたものですが、portmanteau語ではなく、複合語です。

Portmanteau – two meanings packed up into one word

In English the word ‘portmanteau’ originally referred to a type of suitcase that opens into two halves with a hinge in the middle. While this type of suitcase has mostly fallen out of fashion with the popularization of rolling suitcases and modern backpacks, the word portmanteau lives on in the English language as a term for words created from a fusion of two or more existing words and their meanings. (Incidentally, although the word ‘portmanteau’ is a loanword from French, the French equivalent for this linguistic term is ‘mot-valise’, literally meaning ‘suitcase-word’.)

The use of the word portmanteau to refer to these kinds of words started with Lewis Carrol’s Through the Looking Glass, where the character Humpty Dumpty explains the made-up word ‘slithy’ (a combination of ‘lithe’ and ‘slimy’) as “like a portmanteau – there are two meanings packed up into one word”.

Some examples of portmanteau words are:

Brunch = breakfast/lunch
Cosplay = costume/play
Cyborg = cybernetic / organism
Malware = malicious/software
Paralympic Games = paraplegic + Olympic (due to its origins as games for people with spinal injuries)
Smog = smoke/fog
Webinar = web/seminar

There are other types of words that are a combination of two or more words, such as compound words and syllabic abbreviations. What differentiates a portmanteau from a compound word such as ‘seatbelt’ is that while a compound word can be broken back up into separate usable words (‘seat’ and ‘belt’ in this case), this is not possible with a portmanteau since it does not contain all its constituent words in full. For example, breaking up the word ‘brunch’ into ‘br’ and ‘unch’ (or in any other way) does not result in any proper words at all, and although the word ‘play’ in ‘cosplay’ is a word on its own, ‘cos’ is not. (According to some definitions, a true portmanteau word cannot contain any of the full words it is made up of, but ‘cosplay’ is nonetheless frequently mentioned among portmanteau words so it would appear not everyone agrees with this definition).

Syllabic abbreviations on the other hand, are usually defined as abbreviations formed from the initial syllables of multiple words, such as in ‘Interpol’ (International + police).

The word ‘portmanteau’ itself is a combination of the two words ‘port’ (carry) and ‘manteau’ (coat), but since its constituent words are both included in full is not a portmanteau word, but rather a compound word.

 

<<
>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント