国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

<めざせ語学マスター>ヨーロッパで通訳になる(フランスESITの例)

2022年5月26日

もう20年以上昔のこと。フランス語検定でエールフランス特別賞をいただいたときの面接で、フランス人審査官に「フランス語の通訳になりたいならエジット(ESIT)にいったらいい」と言われたことがあります。ESIT?そんな通訳学校があるんだ、と思って憧れました。

日本の、少なくとも私が入社した翻訳・通訳会社で経験した通訳業界は、徒弟制度のような完全OJTでした。先輩が都合がつかない場合に代理としてアフリカへ出張したり、「明日来れる人にお願いしたい」というクライアントの急な要請があり他に誰もいけない場合は自分でいったり。そうして先輩のやり方を真似したり、クライアントから叱咤されながら業務実績を積み重ねていました。「あなたが自分で翻訳するなんて10年早い」と大先輩にミスを発見されて怒られ、「他の通訳さんはメモをとってたよ。」とクライアントから教わり、「声が小さすぎるから自信がなく見える」など言われたりして少しずつ要領がわかっていったのです。

ESITとは、1957年にパリ第3大学(ソルボンヌ・ヌーヴェル)に創設された翻訳・通訳大学院 ESIT(École supérieure d’interprètes et de traducteurs)のことです。ここでは様々な言語の通訳・翻訳家・手話通訳・翻訳学研究者を養成しており、第一線で活躍する翻訳・通訳のプロによって授業が行われています。

そもそも、応募資格からしてかなり敷居が高いです。

通訳部:
学士ないしそれに相当する資格保持者でかつ 言語Bが話されている国に12ヶ月以上通して滞在したことのある者(バイリンガルの環境で育った人、あるいは累計18か月以上にわたる長期の海外滞在があるものを除く)。言語Bとしては少なくともC2レベル以上が必要。言語Cの話されている国に半年以上滞在することを推奨する。言語Cに求められるレベルはC1からC2。
言語A・B・Cの中に英語とフランス語が含まれることが必須。
現在推奨されている言語は、ドイツ語、英語、アラビア語、ボスニア・クロアチア語、中国語、スペイン語、フランス語、ギリシャ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、ロシア語だが市場によってはその他も可能。イタリア語、ギリシャ語、ポルトガル語がA言語の場合、3言語以上の知識が必要。
コミュニケーション力、集団学習、オープンマインド、理解力なども必要。

そもそも言語A、言語B、言語Cとは?こちらはESITのサイトに詳しく説明されています。

言語A、言語Bと言語Cとは
言語Aは、教養のある母語のことであり、語彙が豊富で、正確かつ落ち着いて使える言語。
言語Bは、言語Aと比較すると語彙が少なく、アクセントがあり、表現がぎこちない言語。言語Aと言語Bの両方のニュアンスの違いを理解する必要がある。言語Bでの表現は、早く、かつ正確でなければならない。
言語Cは、言語A及びB同様、完全かつ正確に理解される言語だが、あまり活発に使わない言語。
フランス語と英語は、言語A、B、またはCで必須。

上述のように、通訳コースの試験を受けるためには、言語Bの国に1年以上滞在している必要がありますが、これについてもかなり厳しいチェックが入るようです。ESITのホームページに質問回答があります。一部紹介してみます。(ESITの質問回答のページ

1) 言語Bの国での滞在について
Q1:会議通訳の修士号を取得するには、言語Bの国に12か月以上連続して滞在する必要があります。なぜですか?
A1:会議通訳の学習を開始するには、言語Bで非常に優れた表現レベルが必要で、それには最低でも12か月の滞在が必要です。言語Bは、母語ではなくても母語同様の豊富な表現を身に着ける必要があります。通訳者は、言語Aから言語Bへ、またその逆にも逐次あるいは同時に通訳できなければなりません。Q2:私はバイリンガルの環境で育ちました。 言語B国での滞在は必要ですか?
A2:バイリンガル環境で育った場合、居住基準免除の申請が可能です。Q3:エラスムス計画(The European Community Action Scheme for the Mobility of University Students : ERASMUS、EU加盟国間での学生交流)で言語Bの国で10か月間過ごしましたが期間は足りていますか?
A3:いいえ。1年間の滞在を完了する必要があります。Q4:言語Bの国で10か月間過ごし、1年後にさらに6か月間滞在しました。2つの滞在を足して12か月の滞在に置き換えることができますか?
A4:原則として、可能です。 事務局に免除申請をすることをお勧めします。

Q5;私は18か月間オランダ(または英語を話さない別の国)で過ごし、そこで毎日英語を使っていました。 この滞在は英語圏での滞在として認められますか?
A5:いいえ。 滞在は、公用語と使用言語が言語Bである国である必要があります。

Q6:通訳セクションへの登録に必要な滞在を証明する書類は何になりますか?
A6:言語Bの国での滞在期間を証明する書類(雇用契約、学業証明書、賃貸契約など)になります。

2)言語ペアについて
Q7:言語Bがどの言語かわかりません。英語とフランス語のどちらを示せばいいでしょうか?
A7:まず、サイトの言語Bの定義をよく読み、言語レベルを検討してください。言語Bの場合、C2(*)と同等のレベルが必要です。わからない場合は、滞在期間が最も長いほうを選んでください。 1次試験に合格したら試験中に審査員に事情を説明ください。 語学力に応じてアドバイスしてくれます。

*CEFRでC2は最高レベル。CEFRについては過去ブログを参考。ちなみに英検1級はその下のC2レベルです。
参考:日本英語検定協会サイトhttps://www.eiken.or.jp/cse/

Q8:自分の言語Aがわからないのですが、どうしたらいいでしょうか?
A8:繰り返しになりますが、言語Aの定義をよく読んでください。言語Aとは、当人は当該言語コミュニティによって教養のあるネイティブと見なされなければなりません。 外国訛りなしで話せるだけでは十分ではありません。

Q9:英語圏に3年間住んでいてバイリンガルだと言われますが、2つの言語を言語Aとすることはできますか?
A9:ご注意ください。通訳に求められる要件は、友人との会話よりもはるかに厳しいものです。通訳に適用される言語の定義によれば、2つの言語Aを獲得することは非常にまれです。

Q10:在学中に言語を追加できますか?
A10:お勧めしません。すでに習得している言語ペアでの通訳方法の習得とその完成度を高めることに集中することをお勧めします。言語を追加するなら卒業後でもできるでしょう。

翻訳コースでも、授業は、母語または作業言語を含む3か国語の組み合わせで行われます。三か国語の組み合わせでは、選択した第3言語(ドイツ語、アラビア語、中国語、スペイン語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、ロシア語)に関係なく、フランス語と英語は必須です。フランス語が母語ではない人は、フランス語のDALFのC2(CEFARの一番上)を取得していないといけません。

・・・Q&Aを読むだけで汗がでてきそうですね。

ESITでは翻訳と通訳セクションもばっちり分かれていて、学習の仕方も入学試験も全く別です。それに比べると日本の大学や大学院では、通訳や翻訳者のプロを養成するというより、どちらかというと文学も音声も包括的に研究する場になっている気がします。ESITは授業も厳しそうですが(入ってからも脱落する人も多いようですし)、その分卒業後に即戦力になれる可能性があります。卒業後にすぐに国際的な会議のブースでデビュー、も夢ではないですね。

実際、日本でも日本語フランス語の同時通訳さんにはESITを出ている人も多いです。

前のブログで書いたCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR: Common European Framework of Reference for Languages)でも感じましたが、ヨーロッパはそもそも言語に対する意識が日本とは大きく違っている気がします。(鍋)

<めざせ語学マスター>日本語教育に関する他のブログはこちら
CEFR(セファール)の複言語主義とは
CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)って何?
ジョハリの窓
ルース・ベネディクトの「菊と刀」
サピア=ウオーフの仮説
日本語教育能力検定試験に合格しました!
メタファーとは
プルプル、ゴロゴロ、オノマトペ
KJ法とヴィゴツキー
チャンクとは?
日本語教育能力検定試験 今年も受けました
記憶とは
高コンテクスト文化と低コンテクスト文化
バイリンガリズムについて
言語は12歳までに習うべき!? 臨界期仮説について
英語は聞いていたらペラペラになる・・・か?(クラッシェンのモニター・モデル)
異文化遭遇!カルチャーショック
チョムスキー・ナウ(Chomsky, Now)!
「宇宙へ」は行くけれど「トイレへ」は行かない?―「へ」と「に」の違い
「は」と「が」の違い
ネイティブチェックは「ネッチェッ」になるか。拍(モーラ)と音節
ハヒフヘホの話とキリシタン
日本語は膠着している
ネイティブ社員にアンケート!
RとLが聞き分けられない!?
シニフィエとシニフィアン
文を分ける 文節&語&形態素
やさしい日本語
来日外国人の激減について
学校文法と日本語教育文法
日本語教育能力検定試験に落ちました

 

<めじろ奇譚>文化を結びつけることわざ

2022年5月26日

ことわざとは何でしょうか?
それは、自然、天気、動物の習性などの観察から生まれ、世代から世代へと受け継がれ、人々の文化や生活を反映した民俗の知恵です。
そのため、外国で意味と言葉が完全に同じことわざに出会うのは本当に不思議です。

例えば、日本語の「豚に真珠」ということわざ。

ロシア語にも「豚の前に真珠を投げる」 «Метать бисер перед свиньями»、英語では “Cast pearls before swine”と、まったく同じ表現があります。どれも意味は対話者の議論を聞きたくない人や適切に評価しない人とはコミュニケーションをとらないように、というアドバイスです。
なぜアジア、スラブ、ヨーロッパの3つの異なる文化に共通することわざがあるのでしょうか?

それは、なんと『新約聖書』です!

キリスト教徒によって書かれた新約聖書の「マタイの福音書第7章6節」には、たしかに「聖なる物を犬に与えるな。また真珠を豚の前に投げるな」とあります。ちなみにそのあとの言葉は、「彼らはそれを足で踏みつけて、あなたがたを攻撃してくるだろう」です。豚と犬の扱いはひどいものですね。
日本のキリスト教徒の割合はヨーロッパやロシアよりもはるかに少ないはずです。なのにこのことわざは定着しており、他国の人々と共有しています。
皆様は他にも外国のことわざと似ていることわざを知っていますか?

個人的な意見ですが、実は真珠の豚は素晴らしくかわいく見えますよ。❣ 🥰 (Svetlana TERKINA)

 

(お知らせ)JICA 翻訳・外国語校閲業務(契約締結について)

2022年5月25日

株式会社フランシールは、過去10年以上国際協力に関する多言語翻訳に携わってきましたが、先の契約に続き、今年4月、独立行政法人 国際協力機構 調達部様と「2022年‐2026年度の翻訳・外国語校閲業務(単価契約)」を、独立行政法人 国際協力機構 東京センター様と「2022-2024年度東京センター研修教材作成のための翻訳・校閲・動画作成関連業務」の契約を結ばせていただきました。

本件は、国際協力に関する文書、資料、公表内容や研修員受入事業における講義資料等の翻訳・校閲・動画作成関連業務などを行うものです。英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、アラビア語、ベトナム語、中国語、タイ語、ラオス語、ミャンマー語等、多言語、他分野での翻訳業務を行います。

今後も翻訳の品質向上に努め、日本の国際協力に言語の面から貢献していきたいと思っています。

株式会社フランシール
代表取締役 伊藤 尚江

 

 

人材募集 プログラマー(フリーランス)募集

2022年5月6日

フランシールでは、AI用のコーパス作成のお手伝いをしていただけるプログラマーを募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

プログラマー募集(フリーランス)

皆様の応募を心よりお待ちしています。よろしくお願いします。

株式会社フランシール

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。


「金融・経済・法務」分野(日英)
「工業・科学技術」分野(日英)

最近のコメント