国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

フランシールにはフランス、カナダ、オーストラリア、スウェーデン、ロシア、アルゼンチンなどいろんな国の出身者がいます。彼らの視点から書いたブログや、世界中に派遣された通訳たちのブログです。

<めじろ奇譚>LGBTの権利・フランスと日本の比較

2021年10月21日

フランス

国際レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランス、インターセックス協会(ILGA)によると、LGBTの権利ランキングでは、ヨーロッパの中でフランスが13位となっています。世界規模で考えると、寛大な国だと思われていますが、実際にはEUやG7の平均に近いです。

18世紀前までは、宗教の影響によって法律上、同性同士の性的関係が罰せられていました。但し、「同性愛」という概念がなかったため、「同性愛」という考え方自体は罰せられておらず、こっそりと恋愛関係になっている人もいました。同性愛者の性的関係はフランス革命まで犯罪とみなされており、死刑が科せられることもありました。(*最後の死刑の例は1750年。)

フランス1791年刑法典が定められたことによって、罪ではなくなりましたがLGBTの権利はその後約160年停滞しました。

第二次世界大戦中、同性愛者は迫害され、性行為同意年齢についても1982年まで異性間カップル(18歳)と同性間カップル(21歳)の間で年齢が異なっていました。
※1982年には同性間カップルも、異性間カップル同様、21歳から18歳に下がりました。

そして、1999年に民事連帯契約(パックス、Pacte Civil de Solidarité)が成立し、2013年には同性婚が認められることになりました。

フランスでの同性婚に対する反対デモ

 

日本

日本はフランスと違って、LGBTを差別の対象にする宗教的な文化がありませんが、LGBTに対する認識はまだ少ないようです。

11世紀の源氏物語のような古典や、北斎・歌川広重の浮世絵にも同性愛者の描写がありました。

また、同性愛は侍の社会階級の中でも珍しいことではありませんでした。

しかし明治時代には、欧米の影響により、同性間の性的関係が1873年から1880年において禁じられていたこともありました(鶏姦律条例)。

以降、日本でのLGBTの権利は少しずつ認められつつありますが、他の先進国と比べたらまだ遅れています。

ただ、進歩がないというわけでもありません。自治体によりますが、パートナー証明書の制度も出来ましたし、東京都や千葉県ではLGBTに対策する差別を禁じる条例も施行されました。

読売新聞が2020年に国内で行った調査によると、同性婚に賛成している国民の割合は61%を占めます。それにも関わらず、G7の中で同性婚がまだ認められていないのは日本だけです。

源氏物語の絵巻・11世紀

結論

フランスは日本より法律の面では進んでいますが、LGBTの人がいけない場所があるなど、治安の問題があります。

日本はフランスと違って治安は良いですが、法律の進歩がまだ遅れています。そのため、例えば、同性間カップルでは家を借りることが難しかったり、外国人の配偶者のためのビザが取得できなかったりします。

フランスでも日本でも今後LGBTの権利がもっと改善されることが期待されます。(ダミアン)

<めじろ奇譚>通訳さんのアフリカ滞在記

2021年10月15日

通訳さんのジブチ滞在生活 2021年9月 芹澤

とっても熱い国、ジブチ
弊社フランシールのフランス語通訳は主にアフリカ諸国でのODA業務に従事する事が多いです。
今回私もその様なお仕事でしばらく東アフリカのジブチに行ってまいりました。

市内から車で20分位走ったところ。こんな感じの土漠(砂じゃない砂漠)です。
アフリカのフランス語圏の国はその多くが西アフリカか中央部にあり、アフリカ大陸の上半分の左側に出っ張った部分に固まっています。その中で珍しく東アフリカ(右側)にあるフランス語の国がジブチやモーリシャス、マダガスカル(後の二つは島ですが)です。紅海、アデン湾に面していて周りをエチオピア、ソマリア、エリトリアに囲まれています。

ホテルから車でほんの5分、ジブチ港のふ頭です。
フランスの植民地だったことからフランス語とアラビア語が公用語になっています。日本ではソマリア沖の海賊などで知られていると思いますが、自衛隊が海外で唯一基地を持っているところでもあります。人口は100万ほどでその3分の2が国の名前にもなっている首都のジブチ市に住んでいます。年間降雨量が155mm(外務省サイトのPDFより)とすごく少なく、5月~9月の平均気温が摂氏38度ととてもとても暑いところです。

今回のお仕事はジブチの市街地に関係するものでしたので、市内を走り回ったり、関係官庁に伺ったりしていましたが、とにかく暑い。滞在しているホテルの部屋を一歩でたら(廊下でも)すでに暑い。建物の外にでようものならめまいがするぐらい暑い。暑いという言葉では本当に足りない、熱い、が正解です。太陽の光があっついのです。風が吹いていたらその風が熱風なのです。熱さが光りや風のかたまりになってこっちに押し寄せてくるのです。


ホテルのレセプションのマダム、気の良い人です。

泊まっていた部屋。これだけ見ると立派ですね。

1階だった部屋から見える光景 右側を見ると何とか写真としても見られる光景

私は以前西アフリカのモーリタニアの仕事をしていて何年か行ったり来たりをさせていただいていたのですがモーリタニアの首都のヌアクショットは街全体が砂の中、砂漠の中に建物が建っている感じで、飛行機から見ると砂の中に建物が建っていますが、ジブチの町は部分的には海よりも低くなっている様でイメージとしては、行ったことはありませんがオランダ?です。

外食しないコロナ禍におけるホテル生活とは?
中心街の繁華街も少しはあるのですが、このコロナ禍で外食もせず、また夜なんかは外に出ようにもレンタカーは帰してしまうので近場しか出れず、近くには中華レストランぐらいしかなく、そこもコロナでテイクアウトだけ、とかだったりで繁華街に行くことはありません。

となると食事はホテルの部屋でとります。家族経営のこじんまりとしたホテルに滞在していましたので、朝ご飯は毎日部屋に持ってきてくれますが、レストランはありません。昼や夜はパンと缶詰、とかスーパーで買ってきた食材で済ませます。私はもう日本食を食べなくても全く平気になってしまったので食べられるものならなんでも良いので、簡単です。


周りに余り人気のない町工場の様なパン屋で買ってきたフランスパン、これで日本円で20円位でした!
スーパーはフランス系が多いのか、フランスのスーパーの品ぞろえとあまり変わりません。ただ、みんな輸入品なので高い!4つくっついたヨーグルトが1000円以上したりします。ただ、ジブチに工場があるものはそれなりに安いですが、乳製品やコーラとかぐらいしかジブチ製は見かけませんでした。ただ写真に撮ったフランスパンは町工場の様なパン屋さんでしたが一本で20円位でめちゃ安く、おまけに作り立てでめっちゃおいしい。外はカリっと中はふわふわ。最高のフランスパンでした。しかし、アフリカのフランスの元植民地の国はどこもお米とかキャッサバとかソルガムといった穀物が主食なのですが、どんな田舎にいってもパンだけは一杯売っていて、それがまたおいしいのです。東京には一杯こだわりのパン屋さんがありますが、それよりはるかにおいしい!なんででしょうね。

水がしょっぱい!いがらっぽくて、石鹸の泡の全く立たない水道水!
前述の様にジブチはものすごく暑いのです。それも大変なのですが(といってもホテルにいる限りは快適ですが)、その快適なホテル生活で悩まされるのが水の問題です。私の行ったことのある国々は途上国で水道に問題があることが多いです。地方なんかだと水道も満足になく、井戸から水をくむのが当たり前、というところも結構あります。ホテルの部屋にもトイレや洗面所にバケツが置いてあり、部屋に入った瞬間、この町には水の問題があるんだな、と判るところもあります。そんなところではまず蛇口をひねってみて水が出れば置いてあるバケツを一杯にします。バケツは断水時に使え、という事なのです。

それに対しジブチのホテルでは蛇口をひねれば水はでます。私の部屋の外に水タンクらしきものがあるので、それに水をためて断水に備えているのでしょうか。

部屋の窓を開けて正面に見えるのは。。。水タンク?いやいや出てくる水が熱いのです。。。
ただ、水道の水が問題なのです。しょっぱいだけでなくいがらっぽいのです。良くフランスに旅行したら水道の水は飲むな、なんて言われます。まあ私の住んでいたフランスの地方ではレストランでは「ミネラルにする?水道水で良い?」って聞かれ「水道水でいいです」、と言えば冷蔵庫で冷やした水道水を出してくれます。普通に飲めます。でもアフリカの途上国では水道の水が出たとしても、うかつに飲むわけには行きません。何が入っているか判らないからです。上水道は植民地時代に整備されたものがそのまま、なんてところも多く、茶色っぽい水が出たりするのでうかつに口にするとおなかを壊します。私はある国で肝炎になりましたし。

だ~が~、ジブチの水はしょっぱいのです。まるで海水がそのまま水道から出てくるようです。淡水化処理に失敗した水のようで、いがらっぽいのです。口に入れた感じ硬水のようですが、硬水か軟水かなんてのは問題になりません。しょっぱいという事は、石鹸が泡立たないのです。硬水でも泡立ちは悪くなりますが、そんなの問題では無く洗濯しても日本から持ってきた固形の洗濯石鹸が泡立ちもせずみるみる小さくなっていきます。洗濯しているシャツとかはごわごわするだけで泡も立ちません。それだけではありません。日中は暑いので当然お風呂に入りたくなります。でもバスタブなどというしゃれたものは高級ホテルでもなければありません。あるのはシャワーです。水道には水とお湯、などという区別はありません。「お湯?それはなんですか?」、というレベルで当然の様に水しか出ません。でも問題はありません。まず外はめちゃくちゃ暑いので水シャワーで問題無い事、それより、出てくる水はしばらくすると全部お湯になるのです。私の部屋の外にでかいポリタンクが設置してありましたが、それが太陽にさらされているので水イコールお湯になるのです。幸いにも熱すぎることはありませんでしたが全てお湯なのです。それよりほぼ海水シャワーという事はやっぱりシャンプーなんかも全く泡立ちません。髪の毛は当然ごわごわになります。海水浴場にある水シャワーでずっと過ごすようなものなのです。私はもうそんなのに慣れてしまったのであきらめがついてそれでもシャワーを浴びればさっぱりする、と喜んでシャワーを浴びていました。

お湯は無く水しか出ない洗面台。出てくる水はやっぱりしょっぱい。
そしてやっぱりお湯はないシャワー。でも御心配なく。出てくる水はすぐにお湯になります。

でも、毎日ゴワゴワの髪の毛にやっぱりちょっとごわごわのシャツとか着ていると日本に帰ってきた日のシャワーはお湯ってこんなに気持ち良いんだ、と再確認させて頂けます。日本のお風呂ってつくづく良いものですよね。
(続く?)

<めじろ奇譚>モンゴル語とロシア語の違い、 なぜモンゴルではキリル文字を使う?

2021年8月27日

左はキリル文字で「モンゴル語」、右はモンゴル文字で「モンゴル語」と書いてある。モンゴル文字は縦書きで左から右へ書く。

モンゴル語に対する認識は、我が国では残念ながら高いとは言えない。直接標題の疑問に答えるだけでなく、多少回り道して、是非知っておいていただきたいと筆者が考える点にも触れようと思う。

1 モンゴル語の言語的特徴について

モンゴル語は、北隣のロシア語と似ているのではと考える人もいれば、一方で南隣のシナ語(いわゆる中国語)と似ているのではと考える方も多いので、ロシア語だけでなく、シナ語との関連も含めて考えてみたい。

複数の言語を比較する際に用いられる手法に、類型論的方法と比較言語学(歴史言語学)的手法がある。類型論的方法とは何かについては、「<めざせ語学マスター>日本語は膠着している」を参照願いたい。その中で、ロシア語は屈折語、シナ語は孤立語、そしてモンゴル語は日本語と同じ膠着語に分類されている。つまり、この3言語は、地理的に隣り合っていても、タイプが全く異なるということになる。と言っても、なかなかピンと来ないかと思うので、実際の文章で見てみよう。ただ、膠着語等の性質は上記のブログに譲るとして、ここでは主に語順に着目して見てみたい。

日本語:モンゴル語に関心を抱く学生の人数が急激に増加した。

ロシア語:Число студентов, интересующихся монгольским языком, резко увеличилось.
                      数が  学生の   関心を持たされている モンゴルの  言語により 急激に 増加した

シナ語: 对蒙语感兴趣的学生人数急剧增加。
          对(に対し)蒙(モンゴル)语(語)感(感じる)兴趣(興味)的(の)学生人数(学生の人数)急剧(急激(に))增加(増加(した))

モンゴル語:Монгол хэлийг сонирхон суралцагчдын тоо эрс нэмэгджээ.
(「語幹-助詞」)           (хэл-ийг) (сонирхо-н) (суралцагчд-ын)
                 モンゴル   語-を      面白いと思-い 学ぶ人たち-の  数(が)急激に 増加した。

注目していただきたいのは、「~人数が」までに相当する箇所であるが、ロシア語は英語等と同じで、日本語とはほぼ真逆の語順になっている。シナ語の語順は、日本語に近い部分もあるが、前置詞のような働きをする語があったり、動詞+目的語の順になっていたりする箇所は、やはり日本語とは異質である。それに対し、モンゴル語の語順は日本語と全く同じということにお気付きかと思う。日本語の格助詞や接続助詞に相当する部分をハイフンで分けて示したが、これも日本語の感覚に非常に近いと言っていいだろう。

次に、比較言語学(歴史言語学)的観点から見たらどうであろうか。比較言語学について詳しく書くことはできないが、大雑把に言えば、複数の言語間に規則的な音の対応を見出し、太古の昔に存在したと仮定される共通の祖先から枝分かれして現在に至っているという系統関係(親縁関係)を探る方法ということだ。

ロシア語は、インド・ヨーロッパ語族のスラブ語派に分類され、同じ語派のポーランド語やブルガリア語等とはきょうだい、同じ語族の英・独・仏語やペルシア語、ヒンディー語等とはいとこのような間柄だ。シナ語はシナ・チベット語族(諸語)に分類され、チベット語やビルマ語等と親縁関係があるとされる。さて肝心のモンゴル語については、どこに分類されるのだろうか。(ウラル・)アルタイ語族(諸語)という言い方になじみのある方は多いのではないだろうか。アルタイ諸語というのは、一般的にモンゴル諸語、テュルク諸語(トルコ語、ウイグル語等々)、ツングース諸語(満洲語、エヴェンキ語等々)をまとめて指す表現だ。しかし、モンゴル諸語やテュルク諸語それぞれの構成言語間の親縁関係は明らかなものの、モンゴル諸語とテュルク諸語、ツングース諸語の間の系統関係の有無については、立証されていない。また、アルタイ諸語とウラル諸語(語族)(ハンガリー語、フィンランド語等)の類似も指摘されているが、ここでは立ち入らない。

結論として、モンゴル語は、類型上も系統上も、ロシア語、シナ語両言語とはつながりがないということになる。

2 モンゴル語を表記する文字について

標題の疑問は、正確には、「なぜモンゴル国ではキリル文字を使う?」とした方がよい。なぜか?モンゴル語は、世界各地にあるように、国境をまたがって使用されている言語で、そのモンゴル語世界の中でキリル文字を使用しているのは、モンゴル国(とロシア連邦内のモンゴル諸語であるブリヤート語とカルムイク語)だからだ。中華人民共和国が指定した56民族の一つでもあるモンゴル族(人)(ちなみに人口はモンゴル国のモンゴル人を上回る。主に内モンゴル自治区に居住。)が使用するモンゴル語はキリル文字を使用しない。

モンゴル語世界では、かつてのモンゴル帝国の時代から、(旧)モンゴル文字が使用されてきた。標題の下に、キリル文字と並べて示した縦書きの文字だ(両文字で「モンゴル語」と表記)。世界史の教科書で、モンゴル語のために考案されたパスパ文字をご記憶の方もいるかと思うが、この文字は元朝崩壊以降廃れた。前世紀の20年代にモンゴル語世界の中央部に独立国が樹立された(当時の名称はモンゴル人民共和国)が、そこでは、旧ソ連の強い影響の下、文字改革が断行され、1940年代にキリル文字に移行した。ロシア語で使用する33文字に2文字を加え、35文字でこの国で標準とされているハルハ方言を書き表す。社会主義体制を擁護するわけではないが、この文字改革により、識字率が飛躍的に向上したということだ。(旧)モンゴル文字の綴りは現代の口語とかけ離れており、口語を基にしたキリル文字正書法が有利に作用したと言えるだろう。一方、後でも触れるが、一つながりのモンゴル語世界を文字面で分断した負の側面も忘れてはならない。なお、キリル文字に移行する前に、一旦ラテン文字化の方針が示されたが、これが覆された経緯も当時のソ連の政治状況と絡んでいて興味深い。この流れは、旧ソ連を構成していた中央アジア等の言語とも共通する。1990年代に民主化されモンゴル国となり、(旧)モンゴル文字復活の機運が高まり、教育でも導入されたが、現在に至るまで、依然としてキリル文字表記が幅を利かせている。

文字圏という概念は、基本的に宗教圏と重なることが多い(例:同じスラブ語派の言語でも、カトリックが優勢なポーランドやクロアチアではラテン文字、正教圏のブルガリア等ではキリル文字。また、イスラム圏でのアラビア文字。)が、モンゴル語を含む旧ソ連圏では、宗教とは関係ない。

一方、中華民国、そして中華人民共和国の版図内にとどまったモンゴル人は、現在に至るまで一貫して、(旧)モンゴル文字を使用している。中華人民共和国の紙幣を注意して見ると、シナ語の他に、(旧)モンゴル文字によるモンゴル語の表記もある(他にチベット語、ウイグル語、チワン語)。

つまり、国境を挟んで、南北のモンゴル人は、口語では相互意思疎通は可能なものの、書き言葉上は分断されているという状況だ。

以上、モンゴル語の言語的特徴及び使用文字について、近隣言語との関連性を軸に見てきた。日本で主に学ばれるのは、ヨーロッパの主要言語とシナ語がほとんどであり、日本語は世界でも特殊な言語だという誤った認識(文字使用の面のみ見れば、特殊と言えるかもしれないが)につながっていることを考えると、モンゴル語(朝鮮語やトルコ語でもよい)等日本語とよく似ている言語を一つでも知ることは、バランスの取れた世界認識のためには欠かせないと考える。

またそれと合わせて、言語世界を国家単位でのみ見てはならないということも強調したい。大言語の陰で衰退の道を辿っている言語がある(何重もの意味で)ことも、今回モンゴル語世界全体を見たことをきっかけに、忘れないようにしたい。もちろん我が国内の言語についても例外ではない。(一老いぼれ職員)

(小文の見解は筆者個人のものであり、必ずしも㈱フランシールの公式見解ではありません。)

<めじろ忌憚>フランスのコロナ状況と対策

2021年8月12日

フランスの感染者数は2021年6月時点で約570万人を超えており、世界で4番目の規模となっている国です。

2020年1月にフランスで初めて新型コロナウイルスの感染が確認されました。
2020年3月にマクロン大統領は、生活必需品の取り扱い店舗以外の休業を発表しました。
学校も休むことになり、テレワークも促された一方、入国禁止およびロックダウンの対策も実施されました。
そしてマスクが圧倒的に不足しており、輸入するなど、行き渡るのに数ヶ月間かかりました。
マスクの必要性については、専門家の意見も分かれていましたが、結局はマスクを付けないと罰金を課せられる条例が実施されました。
尚、医療関係者以外には、老人ホームの訪問も立ち入り禁止になりました。

2020年3月にマクロン大統領がテレビで発言しました。
https://www.europe1.fr/politique/confinement-report-des-municipales-ce-quil-faut-retenir-de-lallocution-de-macron-3955798

2020年の夏から、コロナの状況が一旦落ち着いてきましたが、秋になると再び状況が厳しくなり、ロックダウンが改めて実施されることとなりました。
第一ロックダウンと違い、第二次ロックダウンでは学校は休校にはなりませんでした。
2021年の2月には第三次ロックダウンが実施されましたが、今回は、コロナの状況によって各地方自治体による条例は様々でした。例えば、ある地方では住民票に記載されている住所から10キロ以上離れるような移動は禁じるという対策もありました。(テレワークが不可能な場合を除く)
ワクチン接種への取り組みは他国より遅いと様々なメディアから厳しく批判されていましたが2021年6月時点でワクチン接種済みの人数は3200万人を超えており(1回目)、一日あたりの感染者数は2000人以下になりました。

フランスの大規模接種センター
https://www.france24.com/fr/france/20210402-covid-19-le-vaccinodrome-des-yvelines-maillot-jaune-de-la-vaccination-en-france

昔様々な出来事を乗り越えたフランスという国は、今回もコロナ問題を乗り越えるだろうと思えますが、これからも取り組む必要がある課題は他にもたくさん残るでしょう。
例えば、多くの専門家が第4波について懸念しています。拡大を抑えるためには、2回目のワクチン接種率が80%以上を達成する必要性も改めて強調しました。(ダミアン)

 

<めじろ奇譚>ピエ・ノワールとフランス語の辞書

2021年7月29日

弊社にて力を入れている言語のひとつがフランス語で、フランス語圏アフリカの国際協力案件の翻訳や通訳派遣等のご依頼を多く頂戴しております。今回、「フランス語とアフリカ」についてのご紹介として受け取ったバトンのテーマは「ピエ・ノワール」です。

「ピエ・ノワール(pied-noir)」とは、直訳すると「黒い足」で、特に人の出自の言及に用いられる言葉とされています。広義ではフランス領北アフリカからの引揚者を指し、主にアルジェリア出身のフランス人を意味しているようですが、厳密な対象に関しては多くの議論が行われているそうです。

この言葉の起源は諸説あり、アルジェリアに上陸したフランス軍の靴が黒かったという説が由来として広く理解されているそうです。しかし、先住民はフランス軍や入植者を示す独自の言葉を持ち、フランス語の言葉をあえて使う必要がない点から、この説を否定する研究者もいるため、起源は定かではないようです。他にも、ワイン醸造の葡萄を踏む過程で黒く染まった足の象徴だとする説や、アメリカのネイティブアメリカン「ブラックフィート」の名をとり若者が自ら使用したという説もあるそうです。

ピエ・ノワールの著名人といえば、コロナ禍で注目を浴びた小説「ペスト」の作者アルベール・カミュ(Albert Camus)や、世界的デザイナーのイヴ・サン=ローラン(Yves Saint-Laurent)は日本でも有名です。

翻訳と関連し、特に注目したのがポール・ロベール(Paul Robert)という人物です。フランス語の二大辞書といえば、ラルース(Larousse)とロベール(Robert)ですが、後者を編み出したのがまさにこの辞書学者なのです。
ポール・ロベールは1910年にアルジェリアのオルレアンヴィルで生まれ、高校と大学の学部時代をアルジェで過ごし、1934年からパリで法学を修めます。戦争の勃発により兵士として動員された経験もあります。1945年に博士号を取得しますが、博士論文執筆時に納得のいくフランス語の辞書がないことから、新しい辞書の制作を志します。1952年出版の最初の分冊がアカデミー・フランセーズから表彰を受け、その後は1964年に大辞典『グラン・ロベール』、1967年には小辞典『プチ・ロベール』が完成、フランス語辞書として台頭し現在に至ります。

私どもが日々参照する辞書にもピエ・ノワールが関連しているというご紹介でした。
フランス語の翻訳や通訳等に関してもぜひお気軽にお問い合わせください。
(フランス語担当)

【参考文献】
・大嶋えり子, 世界引揚者列伝Vol.1 ピエ・ノワール列伝 人物で知るフランス領北アフリカの引揚者たちの歴史, 合同会社パブリブ, 2018.
・足立綾, ラパトリエとピエ・ノワール ―<アルジェリアのフランス人>の仏本国への「帰還」―, 『文化人類学』80/4 2016, p.569-591.
(online), https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcanth/80/4/80_569/_pdf/-char/ja, (参照2021-06-30)
・Wikipedia, https://fr.wikipedia.org/wiki/Pieds-noirs#D%C3%A9finitions_de_%C2%AB_pied-noir_%C2%BB, (閲覧日2021-06-30),
・Wikipedia, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB, (閲覧日2021-06-30),

1 / 15

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント