国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

<めざせ語学マスター>ヨーロッパで通訳になる(フランスESITの例)

2022年5月26日

もう20年以上昔のこと。フランス語検定でエールフランス特別賞をいただいたときの面接で、フランス人審査官に「フランス語の通訳になりたいならエジット(ESIT)にいったらいい」と言われたことがあります。ESIT?そんな通訳学校があるんだ、と思って憧れました。

日本の、少なくとも私が入社した翻訳・通訳会社で経験した通訳業界は、徒弟制度のような完全OJTでした。先輩が都合がつかない場合に代理としてアフリカへ出張したり、「明日来れる人にお願いしたい」というクライアントの急な要請があり他に誰もいけない場合は自分でいったり。そうして先輩のやり方を真似したり、クライアントから叱咤されながら業務実績を積み重ねていました。「あなたが自分で翻訳するなんて10年早い」と大先輩にミスを発見されて怒られ、「他の通訳さんはメモをとってたよ。」とクライアントから教わり、「声が小さすぎるから自信がなく見える」など言われたりして少しずつ要領がわかっていったのです。

ESITとは、1957年にパリ第3大学(ソルボンヌ・ヌーヴェル)に創設された翻訳・通訳大学院 ESIT(École supérieure d’interprètes et de traducteurs)のことです。ここでは様々な言語の通訳・翻訳家・手話通訳・翻訳学研究者を養成しており、第一線で活躍する翻訳・通訳のプロによって授業が行われています。

そもそも、応募資格からしてかなり敷居が高いです。

通訳部:
学士ないしそれに相当する資格保持者でかつ 言語Bが話されている国に12ヶ月以上通して滞在したことのある者(バイリンガルの環境で育った人、あるいは累計18か月以上にわたる長期の海外滞在があるものを除く)。言語Bとしては少なくともC2レベル以上が必要。言語Cの話されている国に半年以上滞在することを推奨する。言語Cに求められるレベルはC1からC2。
言語A・B・Cの中に英語とフランス語が含まれることが必須。
現在推奨されている言語は、ドイツ語、英語、アラビア語、ボスニア・クロアチア語、中国語、スペイン語、フランス語、ギリシャ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、ロシア語だが市場によってはその他も可能。イタリア語、ギリシャ語、ポルトガル語がA言語の場合、3言語以上の知識が必要。
コミュニケーション力、集団学習、オープンマインド、理解力なども必要。

そもそも言語A、言語B、言語Cとは?こちらはESITのサイトに詳しく説明されています。

言語A、言語Bと言語Cとは
言語Aは、教養のある母語のことであり、語彙が豊富で、正確かつ落ち着いて使える言語。
言語Bは、言語Aと比較すると語彙が少なく、アクセントがあり、表現がぎこちない言語。言語Aと言語Bの両方のニュアンスの違いを理解する必要がある。言語Bでの表現は、早く、かつ正確でなければならない。
言語Cは、言語A及びB同様、完全かつ正確に理解される言語だが、あまり活発に使わない言語。
フランス語と英語は、言語A、B、またはCで必須。

上述のように、通訳コースの試験を受けるためには、言語Bの国に1年以上滞在している必要がありますが、これについてもかなり厳しいチェックが入るようです。ESITのホームページに質問回答があります。一部紹介してみます。(ESITの質問回答のページ

1) 言語Bの国での滞在について
Q1:会議通訳の修士号を取得するには、言語Bの国に12か月以上連続して滞在する必要があります。なぜですか?
A1:会議通訳の学習を開始するには、言語Bで非常に優れた表現レベルが必要で、それには最低でも12か月の滞在が必要です。言語Bは、母語ではなくても母語同様の豊富な表現を身に着ける必要があります。通訳者は、言語Aから言語Bへ、またその逆にも逐次あるいは同時に通訳できなければなりません。Q2:私はバイリンガルの環境で育ちました。 言語B国での滞在は必要ですか?
A2:バイリンガル環境で育った場合、居住基準免除の申請が可能です。Q3:エラスムス計画(The European Community Action Scheme for the Mobility of University Students : ERASMUS、EU加盟国間での学生交流)で言語Bの国で10か月間過ごしましたが期間は足りていますか?
A3:いいえ。1年間の滞在を完了する必要があります。Q4:言語Bの国で10か月間過ごし、1年後にさらに6か月間滞在しました。2つの滞在を足して12か月の滞在に置き換えることができますか?
A4:原則として、可能です。 事務局に免除申請をすることをお勧めします。

Q5;私は18か月間オランダ(または英語を話さない別の国)で過ごし、そこで毎日英語を使っていました。 この滞在は英語圏での滞在として認められますか?
A5:いいえ。 滞在は、公用語と使用言語が言語Bである国である必要があります。

Q6:通訳セクションへの登録に必要な滞在を証明する書類は何になりますか?
A6:言語Bの国での滞在期間を証明する書類(雇用契約、学業証明書、賃貸契約など)になります。

2)言語ペアについて
Q7:言語Bがどの言語かわかりません。英語とフランス語のどちらを示せばいいでしょうか?
A7:まず、サイトの言語Bの定義をよく読み、言語レベルを検討してください。言語Bの場合、C2(*)と同等のレベルが必要です。わからない場合は、滞在期間が最も長いほうを選んでください。 1次試験に合格したら試験中に審査員に事情を説明ください。 語学力に応じてアドバイスしてくれます。

*CEFRでC2は最高レベル。CEFRについては過去ブログを参考。ちなみに英検1級はその下のC2レベルです。
参考:日本英語検定協会サイトhttps://www.eiken.or.jp/cse/

Q8:自分の言語Aがわからないのですが、どうしたらいいでしょうか?
A8:繰り返しになりますが、言語Aの定義をよく読んでください。言語Aとは、当人は当該言語コミュニティによって教養のあるネイティブと見なされなければなりません。 外国訛りなしで話せるだけでは十分ではありません。

Q9:英語圏に3年間住んでいてバイリンガルだと言われますが、2つの言語を言語Aとすることはできますか?
A9:ご注意ください。通訳に求められる要件は、友人との会話よりもはるかに厳しいものです。通訳に適用される言語の定義によれば、2つの言語Aを獲得することは非常にまれです。

Q10:在学中に言語を追加できますか?
A10:お勧めしません。すでに習得している言語ペアでの通訳方法の習得とその完成度を高めることに集中することをお勧めします。言語を追加するなら卒業後でもできるでしょう。

翻訳コースでも、授業は、母語または作業言語を含む3か国語の組み合わせで行われます。三か国語の組み合わせでは、選択した第3言語(ドイツ語、アラビア語、中国語、スペイン語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、ロシア語)に関係なく、フランス語と英語は必須です。フランス語が母語ではない人は、フランス語のDALFのC2(CEFARの一番上)を取得していないといけません。

・・・Q&Aを読むだけで汗がでてきそうですね。

ESITでは翻訳と通訳セクションもばっちり分かれていて、学習の仕方も入学試験も全く別です。それに比べると日本の大学や大学院では、通訳や翻訳者のプロを養成するというより、どちらかというと文学も音声も包括的に研究する場になっている気がします。ESITは授業も厳しそうですが(入ってからも脱落する人も多いようですし)、その分卒業後に即戦力になれる可能性があります。卒業後にすぐに国際的な会議のブースでデビュー、も夢ではないですね。

実際、日本でも日本語フランス語の同時通訳さんにはESITを出ている人も多いです。

前のブログで書いたCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR: Common European Framework of Reference for Languages)でも感じましたが、ヨーロッパはそもそも言語に対する意識が日本とは大きく違っている気がします。(鍋)

<めざせ語学マスター>日本語教育に関する他のブログはこちら
CEFR(セファール)の複言語主義とは
CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)って何?
ジョハリの窓
ルース・ベネディクトの「菊と刀」
サピア=ウオーフの仮説
日本語教育能力検定試験に合格しました!
メタファーとは
プルプル、ゴロゴロ、オノマトペ
KJ法とヴィゴツキー
チャンクとは?
日本語教育能力検定試験 今年も受けました
記憶とは
高コンテクスト文化と低コンテクスト文化
バイリンガリズムについて
言語は12歳までに習うべき!? 臨界期仮説について
英語は聞いていたらペラペラになる・・・か?(クラッシェンのモニター・モデル)
異文化遭遇!カルチャーショック
チョムスキー・ナウ(Chomsky, Now)!
「宇宙へ」は行くけれど「トイレへ」は行かない?―「へ」と「に」の違い
「は」と「が」の違い
ネイティブチェックは「ネッチェッ」になるか。拍(モーラ)と音節
ハヒフヘホの話とキリシタン
日本語は膠着している
ネイティブ社員にアンケート!
RとLが聞き分けられない!?
シニフィエとシニフィアン
文を分ける 文節&語&形態素
やさしい日本語
来日外国人の激減について
学校文法と日本語教育文法
日本語教育能力検定試験に落ちました

 

<めじろ奇譚>文化を結びつけることわざ

2022年5月26日

ことわざとは何でしょうか?
それは、自然、天気、動物の習性などの観察から生まれ、世代から世代へと受け継がれ、人々の文化や生活を反映した民俗の知恵です。
そのため、外国で意味と言葉が完全に同じことわざに出会うのは本当に不思議です。

例えば、日本語の「豚に真珠」ということわざ。

ロシア語にも「豚の前に真珠を投げる」 «Метать бисер перед свиньями»、英語では “Cast pearls before swine”と、まったく同じ表現があります。どれも意味は対話者の議論を聞きたくない人や適切に評価しない人とはコミュニケーションをとらないように、というアドバイスです。
なぜアジア、スラブ、ヨーロッパの3つの異なる文化に共通することわざがあるのでしょうか?

それは、なんと『新約聖書』です!

キリスト教徒によって書かれた新約聖書の「マタイの福音書第7章6節」には、たしかに「聖なる物を犬に与えるな。また真珠を豚の前に投げるな」とあります。ちなみにそのあとの言葉は、「彼らはそれを足で踏みつけて、あなたがたを攻撃してくるだろう」です。豚と犬の扱いはひどいものですね。
日本のキリスト教徒の割合はヨーロッパやロシアよりもはるかに少ないはずです。なのにこのことわざは定着しており、他国の人々と共有しています。
皆様は他にも外国のことわざと似ていることわざを知っていますか?

個人的な意見ですが、実は真珠の豚は素晴らしくかわいく見えますよ。❣ 🥰 (Svetlana TERKINA)

 

(お知らせ)JICA 翻訳・外国語校閲業務(契約締結について)

2022年5月25日

株式会社フランシールは、過去10年以上国際協力に関する多言語翻訳に携わってきましたが、先の契約に続き、今年4月、独立行政法人 国際協力機構 調達部様と「2022年‐2026年度の翻訳・外国語校閲業務(単価契約)」を、独立行政法人 国際協力機構 東京センター様と「2022-2024年度東京センター研修教材作成のための翻訳・校閲・動画作成関連業務」の契約を結ばせていただきました。

本件は、国際協力に関する文書、資料、公表内容や研修員受入事業における講義資料等の翻訳・校閲・動画作成関連業務などを行うものです。英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、アラビア語、ベトナム語、中国語、タイ語、ラオス語、ミャンマー語等、多言語、他分野での翻訳業務を行います。

今後も翻訳の品質向上に努め、日本の国際協力に言語の面から貢献していきたいと思っています。

株式会社フランシール
代表取締役 伊藤 尚江

 

 

人材募集 プログラマー(フリーランス)募集

2022年5月6日

フランシールでは、AI用のコーパス作成のお手伝いをしていただけるプログラマーを募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

プログラマー募集(フリーランス)

皆様の応募を心よりお待ちしています。よろしくお願いします。

株式会社フランシール

<めじろ奇譚>あなたの国の防災事情~社内アンケートをとってみました~

2022年4月28日

日本は災害が多い国で知られています。最近では日本語の「防災」を「BOSAI」と英語化して、世界中に防災の取り組みを広げようとする動きも高まっています。

私が所属する2課では昨年度、日本在住の外国籍の方々を対象とした防災向け動画の翻訳やナレーションを担当しました。私は学生時代、阪神淡路大震災をきっかけに立ち上がった多文化共生のまちづくりを目指すNPOでアルバイトをしていたこともあり、「地域住民としての外国籍の人たちに、防災時どのように情報を伝えるか?」というテーマについては以前から関心がありました。

フランシールのコーディネーターも約半数が外国籍の仲間たちです。そこで今回は「防災」をテーマとして、アンケートを取ってみました。

 

国名
(あいうえお順)
質問1:あなたの国で多い自然災害は?
アルゼンチン・Yさん 首都ブエノス・アイレス付近では竜巻です。今までは12回発生しており、2000年から2020年間では6回発生しています。ただし、そこまで大きな災害ではなく、被害者数は日本の大きな災害より圧倒的に少ないです。基本的には軽傷の人が数名で死者数も10人以下。地震や津波もほとんどないですね。アンデス山脈で噴火する可能性がある火山はいくつかあるとのことです。予想としては噴火しても大きな被害は出ないとのことです。
オーストラリア・Bさん 地震はほとんどありませんが、山火事が多いですね。干ばつの恐れがあるところも結構あります。地震が多くないので、こういう画像がインターネットに出てきます(笑)
カナダ・Mさん カナダの自然災害といえば、極寒・吹雪と、豪雨による洪水、森林火災くらいかと思います。日本に比べると深刻な自然災害が少ないと思います。
スウェーデン・Sさん スウェーデンでは深刻な自然災害は割と珍しいと思いますが、嵐、洪水、山火事や雪崩はあります。森が多い国ですので、雨がない日が長く続くと、山火事のリスクについてニュースなどで報告されます。
パラグァイ・Hさん 台風・洪水・干ばつ
パラグァイには地震も火山も雪もない、ありがたい国だと思います。
フランス・Dさん フランスで地震というのはほぼあり得ないことです。もしあるとしても、震度3ぐらいの地震で、気づかない程度です。建物が取れたり、人が死んだりした地震はもしかしたらこれまでにあったかもしれませんが、一般的ではありません。一方、南フランス(南西とか)損害を及ぼす洪水がたまにあります。
ベトナム・Tさん 熱帯の台風(年間に20~30個があります)
ロシア・Sさん (地域により差はあるが)全体的に少ないです。

弊社スタッフの母国では「深刻な被害をもたらす自然災害は少ない」というのは意外でした!オーストラリアではちょっとした地震がネタになるレベル…というのは平和な証拠です。いつ起こるかわからない、地震などの災害の心配をしなくていいのはうらやましいですね。

 

国名 質問2:防災訓練や防災教育ってある?
アルゼンチン・Yさん アルゼンチンでは1年に1度、火事が発生した時のための避難訓練が行われますが、それぐらいですね。
オーストラリア・Bさん 火事が起こる可能性があるため、日本みたいな避難所があって、避難訓練(fire drill)とかもあります。
カナダ・Mさん カナダは自然災害が少ないため、学校などでは最低限の防災教育がありますが、日本に比べてルースだと感じます。カナダは、-30℃になるなんて普通くらい寒い国です。ほとんどの建物はセントラルヒーティングなのであたたかく過ごせますが、極寒・吹雪による停電になると、死につながる寒さになってしまいます。その時に備えてカナダ人は「停電対策」をします。ボトル水を買って置いたり、キャンピングコンロ、暖かい服や電気ストーブを用意しておきます。また、カナダ河川・湖が多いため、大雨が続くと洪水になる時が珍しくありません。私は経験したことがないのですが、洪水になると、人は安全な場所に避難します。
スウェーデン・Sさん 学校で避難訓練を行った覚えがほとんどないですが、非常口と避難所の案内ぐらいは行われたと思います。(住む地域にもよるかもしれません。)消防署への見学はあったと思います。
パラグァイ・Hさん パラグァイには地震がないため、防災訓練は全くありません。私は個人的に、初めて小学生の防災頭巾姿を見たときは涙が止まりませんでした。防災頭巾は、災害訓練というよりは日本の戦争の映像で防災頭巾をかぶるイメージしかなく、そのイメージから、娘の防災頭巾姿に心を刺されました。
フランス・Dさん ないと思います。(地元は北東で、大陸なので自然災害が全くありません)
ベトナム・Tさん 消防訓練と教育があります。(それだけですね)
ロシア・Sさん 学校に講義があります。

子どもの防災頭巾姿に戦時中をイメージしてしまいいたたまれなくなってしまった…というコメントに言葉を失いました。

 

国名 質問3:日本で災害時に困ったこと
アルゼンチン・Yさん 特にありませんでした。
オーストラリア・Bさん 特にないですが、夜遅くに緊急地震速報が鳴ったら、すごくびっくりしてしまいます。
カナダ・Mさん 沖縄に住んでいた時は超大型の台風に何度も遭いました。
特に一回は週末ずっと停電・断水になってしまい、仲がいいお隣さんの女性の実家に避難しました。最終的に無事でしたが自然災害の備えの大事さを痛感しました。
スウェーデン・Sさん 今までは特にありません。(台風の影響で電車が止まったことぐらいです。)
パラグァイ・Hさん ありません。
フランス・Dさん 地震があるときはどうしてもびっくりします。特に地震が始まるときは、どれぐらい大きくなるか予想できない気持ちが嫌ですね。(家を出るべきか決められなくて)台風が来るときも、外出もできないですし、スーパーであらゆる商品がすぐなくなります。
ベトナム・Tさん 2019年に札幌市に住んでいた時、大地震が起きました。2日間の停電とガス・水が切れて、大変でした。ベトナムでは地震が全然ないので、初めて過ごす人はかなり不安で、怖いです。防災関連グッズ(食品、お水など)を用意する習慣がありません。
ロシア・Sさん なかったです。

これも意外でした!「情報がなくて困る」などのコメントがもっと出るかと思っていました。しかし、緊急地震速報に驚いたり、どういう行動をとるべきか不安だったり、スーパーの品不足に悩むのは国籍関係なくみんな同じですね。水や電気が止まるのは本当に不便ですが、「知り合いやご近所さんに助けてもらった」という声が見られたのはなぜかほっとしました。

 

国名 質問4:日本の防災の取り組みについてコメント
アルゼンチン・Yさん やさしい日本語での防災に関する説明は非常に良い案だと思いました。
こちらを日本語も英語もあまり話せない方達用に他の言語でもあればよいかもしれませんね!ついでに海外でも広める際に再利用できるかもしれません。
オーストラリア・Bさん 特にありません。
カナダ・Mさん カナダは自然災害が少ないため、一般家庭は防災の備えについて最低限の準備しかしない気がします。それに比べて自然災害が多い日本は、しっかりと取り組んでおり、カナダ人として勉強にもなりました。
スウェーデン・Sさん スウェーデンに住んでいたころは自然災害についてほとんど考えていませんでしたので、私からみて日本がすごくしっかりしていると思います。
パラグァイ・Hさん 日本人の災害に対する準備の姿勢は、見習うべきだと思います。「命」というものを大切に思っているように感じれます。それだけ災害の経験をしてきたということでしょうね。
フランス・Dさん (コメントなし)
ベトナム・Tさん 非常にいいと思います。日本人はほとんど学校で訓練教育などを受けています。防災関連グッズもきちんと準備しています。私が困った時には助けてもらいました。
ロシア・Sさん ありません。

日本には「備えあれば憂いなし」という言葉がありますが、日本人の「何かに備える」気質というのは、もしかすると災害が多く、一瞬にして命や家、大切な農作物などが失われるいう経験の蓄積も一因なのかもしれないなと感じました。これは喜ばしいことではありませんが、過去の災害から得た知見を国内のみならず、他国の方々とも共有することは「命を守る」ことに直結するので、やはり大切なことだと言えるのかもしれません。

フランシールでは毎年9月1日の「防災の日」にスタッフみんなで災害を想定したシミュレーションや、ヘルメットを着用して近所の避難場所となっている学校まで歩いてみる、ということを行ってきました。また、自宅に帰れなくなった場合に事務所で過ごすための備蓄品が常に人数分揃っています。このBOSAI習慣が、外国籍スタッフを含めた社員全員に浸透していくといいなと思っています。

(川本)

1 / 60

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。


「金融・経済・法務」分野(日英)
「工業・科学技術」分野(日英)

最近のコメント