国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

オフィスのある目白近くの季節の模様や、会社で行った、あるいは参加したイベントなど、社員が思ったこと、感じたことを綴っています。

<めじろ奇譚>ピエ・ノワールとフランス語の辞書

2021年7月29日

弊社にて力を入れている言語のひとつがフランス語で、フランス語圏アフリカの国際協力案件の翻訳や通訳派遣等のご依頼を多く頂戴しております。今回、「フランス語とアフリカ」についてのご紹介として受け取ったバトンのテーマは「ピエ・ノワール」です。

「ピエ・ノワール(pied-noir)」とは、直訳すると「黒い足」で、特に人の出自の言及に用いられる言葉とされています。広義ではフランス領北アフリカからの引揚者を指し、主にアルジェリア出身のフランス人を意味しているようですが、厳密な対象に関しては多くの議論が行われているそうです。

この言葉の起源は諸説あり、アルジェリアに上陸したフランス軍の靴が黒かったという説が由来として広く理解されているそうです。しかし、先住民はフランス軍や入植者を示す独自の言葉を持ち、フランス語の言葉をあえて使う必要がない点から、この説を否定する研究者もいるため、起源は定かではないようです。他にも、ワイン醸造の葡萄を踏む過程で黒く染まった足の象徴だとする説や、アメリカのネイティブアメリカン「ブラックフィート」の名をとり若者が自ら使用したという説もあるそうです。

ピエ・ノワールの著名人といえば、コロナ禍で注目を浴びた小説「ペスト」の作者アルベール・カミュ(Albert Camus)や、世界的デザイナーのイヴ・サン=ローラン(Yves Saint-Laurent)は日本でも有名です。

翻訳と関連し、特に注目したのがポール・ロベール(Paul Robert)という人物です。フランス語の二大辞書といえば、ラルース(Larousse)とロベール(Robert)ですが、後者を編み出したのがまさにこの辞書学者なのです。
ポール・ロベールは1910年にアルジェリアのオルレアンヴィルで生まれ、高校と大学の学部時代をアルジェで過ごし、1934年からパリで法学を修めます。戦争の勃発により兵士として動員された経験もあります。1945年に博士号を取得しますが、博士論文執筆時に納得のいくフランス語の辞書がないことから、新しい辞書の制作を志します。1952年出版の最初の分冊がアカデミー・フランセーズから表彰を受け、その後は1964年に大辞典『グラン・ロベール』、1967年には小辞典『プチ・ロベール』が完成、フランス語辞書として台頭し現在に至ります。

私どもが日々参照する辞書にもピエ・ノワールが関連しているというご紹介でした。
フランス語の翻訳や通訳等に関してもぜひお気軽にお問い合わせください。
(フランス語担当)

【参考文献】
・大嶋えり子, 世界引揚者列伝Vol.1 ピエ・ノワール列伝 人物で知るフランス領北アフリカの引揚者たちの歴史, 合同会社パブリブ, 2018.
・足立綾, ラパトリエとピエ・ノワール ―<アルジェリアのフランス人>の仏本国への「帰還」―, 『文化人類学』80/4 2016, p.569-591.
(online), https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjcanth/80/4/80_569/_pdf/-char/ja, (参照2021-06-30)
・Wikipedia, https://fr.wikipedia.org/wiki/Pieds-noirs#D%C3%A9finitions_de_%C2%AB_pied-noir_%C2%BB, (閲覧日2021-06-30),
・Wikipedia, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB, (閲覧日2021-06-30),

<めじろ奇譚>アルゼンチンとイタリアの関係

2021年7月22日

私はアルゼンチンで生まれ育ち、18歳で来日しました。
アルゼンチンと言えば、サッカーやタンゴを思い浮かべる方が多いと思うのですが、今回はそれら以外であまり日本人には馴染みのないアルゼンチンについて紹介したいと思います。

現在、アルゼンチンの人口は約4000万人、その内の6割以上がイタリア系の先祖を持っていると言われています。アルゼンチンにはイタリア系の人が多いのはなぜなのでしょうか?

アルゼンチンは14世紀から19世紀の初めまでスペインの植民地でした。1816年7月にアルゼンチンはスペインから独立し、人口を増やし国の技術を発展させるという目的で世界の様々な国の人を受け入れるようになりました。ヨーロッパの国々に広い土地を安く提供する代わりに、アルゼンチンで農業を行ってもらうという方法で移民を誘っていたそうです。独立後から20世紀中頃にかけて、内戦から逃れるため約300万人のイタリア人が移住し、その数は当時アルゼンチンに住んでいたスペイン人よりも約100万人多いものでした。

ちなみに、かの有名なアニメ「母をたずねて三千里」は、1882年のブエノス・アイレス(アルゼンチンの首都)に出稼ぎに行ったまま、音信不通になっている母アンナ・ロッシを尋ねるべく、主人公のマルコ・ロッシがイタリア・ジェノヴァからアルゼンチンへと渡る姿を描くストーリーです。

イタリア語とスペイン語は非常に似ているためお互いに母国語で話していても話は大体通じます。これは私の予想なのですが、人口の大半がスペイン語を話しているためイタリア語話者がスペイン語に寄り添う形になっていったのではないかと思います。そのため、イタリア人の方が多かったにも関わらず、公用語は既に定着していたスペイン語が保たれたのではないでしょうか。

しかし、イタリア人がアルゼンチン社会に適応し、アルゼンチン文化に染まったというわけではありません。アルゼンチン人はイタリア人から多くのものを受け継いでいます。発音から食文化、また、話す際にイタリア人が良く使うハンドジェスチャーもアルゼンチン人はよく使います。

アルゼンチンのスペイン語はそういったミックス故に他のスペイン語圏のスペイン語とは明らかに違う感じになっているため、アルゼンチン人だとすぐにわかります。イタリア語風の発音のスペイン語に話されています。一つの例としては、スペイン語では「LL」の発音は「リャ・リュ・リョ」/「ジャ・ジュ・ジョ」に近い音(地域により異なります)なのですが、アルゼンチンでは「シャ・シュ・ショ」と発音します。この発音方法をシェイスモと呼ぶのですが、イタリア語から来ている概念と言われています。

例:自己紹介でよく使われる表現
Me llamo 〇〇. (私は〇〇と言います。)
という表現があり、日本でスペイン語を学ぶ方は「メ ジャモ 〇〇」と学ぶことが多いみたいですが、アルゼンチンでは「メ シャモ〇〇」という発音になるのです。

アルゼンチンの食文化に関して調べると、長時間炭で牛肉を焼く「アサード」が良く出てきますが、実はイタリアの食文化にもとても影響されており、ピザ、パスタ、パンなども非常に食べられます。イタリア料理でよく使われる香辛料を用いて生み出された、アルゼンチンの郷土料理「ミラネーサ」などもあります。ミラネーサは直訳すると「ミラノ風」という意味を持ち、簡単に説明するとオレガノ、パセリ、ニンニクを加えた卵に薄い牛肉を浸して数時間寝かせた後、パン粉を付けて揚げる料理です。アルゼンチン人は皆この料理が大好きで、あの有名なサッカー選手「メッシ」も、あるインタビューで好物は何かと聞かれた際に「ミラネーサ」と答えています。

       

ピザに関しては有名なピザ屋が多く存在し、観光客用に有名ピザ屋のツアーなどもあるほどです。また、日本では毎月29日は「肉の日」で、スーパーや精肉店でお肉が安く手に入る日ですが、アルゼンチンではニョッキの日であり、この日はパスタ屋(パスタの麺などを売る店)でニョッキが安く提供されるため、家族でニョッキを食べることが伝統です※。

※昔は裕福ではない人たちが月末になってお金が足りないことから一番安く手に入るジャガイモで「ニョッキ」を作る習慣があり、29日をニョッキの日にしていた、という説があります。

このようにアルゼンチンはイタリアから多く影響を受け、自分達の文化の一部としています。

こちらの内容が面白いと思ったらグッドボタンと登録ボタンをお願い致します!
あ!間違ってしまいました!こちらはYOUTUBE用のセリフですね。

アルゼンチンのみならず他の国や言語に関するコンテンツもありますので、ご興味がありましたら是非YOUTUBEチャンネルもご覧ください!

https://www.youtube.com/channel/UCGE8jlpXB4WjU0GUruRnwHw

(山本亜聖)

<めじろ奇譚>フランス語と英語の違い

2021年7月15日

こんにちは。英語チームのNです。
今回は英語とフランス語を比べてみて、思うことを書いてみたいと思います。

まず私の個人的な学習歴ですが、英語は中学の3年間と、大学の2年間(第二外国語として週2時間)しか学校では学んでおらず、あとは社会人になってからの独学です。
対するフランス語は、高校で第一外国語として3年間、大学では主専攻として4年間、また大学在学中と社会人になってから2回(計1年半)、フランスに留学して学びました。

こうして見ると圧倒的にフランス語の勉強にかけた時間の方が多いのですが、その割に、自分の英語力とフランス語力の差は小さいような気がします。
かけた時間の割合が10対5なら、語学力の差は10対7くらい。
英語よりフランス語の方が難しい、とよく言われますが、体感としてはあながち嘘ではないような…。

なんでフランス語の方が難しいのだろう、と考えてみると色々浮かんできます。
まず浮かぶのは、名詞に女性形と男性形があること。それによって、冠詞や形容詞の表記が変わってきます。
次に動詞の活用。英語では三人称単数の場合のみ、「s」や「es」「-ies」をつけますが、フランス語の場合は一人称単数、二人称単数、三人称単数、一人称複数、二人称複数、三人称複数でそれぞれ活用があります。
おそらくこの「姓の違い」と「活用の多さ」が、学習初心者にとっては最初の難関になるのではないかと思います。私も学び始めた頃は、動詞の活用を念仏のようにぶつぶつ唱えたものです。
また注意が必要なのが、フランス語では末尾の子音を発音しないことが多く、そのため活用/姓数が違っても発音が同じになることです。書き取りの問題では活用/姓数を正しく一致させないと減点となります。聞こえた通りに書いただけではダメで、文章を理解して書かないといけません。
あと個人的に思うのは、英語の単語は日本でもカタカナ語で使われていて、馴染みのあるものもたくさんあるということです。(「和製英語」と呼ばれて日本でしか通じない単語もあるので、注意が必要ですが。)そのため、英語の単語の方がスッと出てきやすいように感じます。
発音についてはどうでしょうか。フランス語を学んでいる、と人に言うと「発音難しいよね」とよく言われます。たしかに、日本人には発音が難しいアルファベットはあります。私はいまだに「ou」の発音がうまくできず、留学中も「cours(授業)」と言いたいのに「coeur(心臓)」としか言えず、苦労した覚えがあります。ただ、英語よりフランス語の方が、規則が決まっていて、それさえわかっていれば、初見の文章・単語でも正しく発音することができます。

このように色々と違いはありますが、日本語に比べれば、英語とフランス語は文法的にも単語的にも近いと思います。言語の系統としては、フランス語はロマンス語、英語はゲルマン語で、同じインド・ヨーロッパ語族のなかでも近くは無いですが、歴史的に二国間での交流が多かったことから、類似の単語を多く使うようになったようです。

不思議な話ですが、フランスに留学していた頃、英語の勉強をしていないのにTOEICで点数がアップしたことがありました。日本人がフランス語を勉強すると、自然と英語の聞き取り力もアップして、わかる単語も増えるようです。(ただし、フランス語と英語で綴りが同じだけど意味が違う「faux amis(偽の友達)」の単語があるので要注意。)

それぞれの言語を学ぶ利点は何でしょうか。英語は世界中の人が話すので、英語を学べば世界中の国の人とコミュニケーションを取れるのが一番の利点だと思っています。対するフランス語は、フランスやフランス語圏の国々(仏語圏アフリカなど)など、特定の地域の文化・考え方を深く知ることができる点が良いと思います。個人的には、フランス語の語感が好きなので、ネイティブが話すフランス語を聞くのは心地良いです。

どちらの言語も、学ぶことで世界を広げてくれるし、様々な人と出会えます。
みなさんは、どんな言語を学んでいて、どんな良いことがありましたか?
体験談があればぜひお聞かせください。
(英語チーム:N)

<めじろ奇譚>通訳に向いている人、向いていない人

2021年7月8日

私の同僚のSさんは、放っておくと朝からずっとしゃべり続けているのですが、彼は第一線で活躍するフランス語の通訳でもあります。Sさんをじーっと観察していると、通訳者というのは基本的におしゃべり好きな人、口数が多い人が向いている職業だなとつくづく感じます。もし現場に登場した通訳が高倉健みたいな人だったら、みなさん困ってしまいそうですよね。

インターネットで検索すると、「通訳に向いている人はこういう人」といった記事がいろいろと見つかります。一般に通訳者といえば、勉強熱心で、前向きで、タフで、高い知性と好奇心を持っていて・・・というイメージがあると思いますが、実際に私たちが一緒にお仕事させていただいている通訳者さんたちはそのイメージを地で行く本当に素晴らしい方々です。一言でいうならプロ精神がとにかく高いのだと思いますが、人気のある通訳者さんは「また一緒に仕事をしたいな」と思わせてくれる方も多く、きっとベースに「人と関わるのが好き(または得意)」という資質があるのかなと思います。

全ての職業人に共通して言えることですが、通訳者も「とにかくたくさん通訳する」ということでプロの技が磨かれて行きます。これから通訳者を目指す方は、仕事のオファーが安定的に入ってくるようになるまでは、条件にはあまりこだわらずに、とにかく現場に立つ機会をゲットしていくことをお勧めします。たくさんの人と仕事をする中で、自分を成長させてくれる出会いや、次の仕事につながる出会いが生まれることでしょう。

フランシールでは、お客様の海外出張に日本から同行する同行通訳を始め、オンラインや対面での逐次通訳、社内会議や国際会議の同時通訳、大型プロジェクトに参加するインハウス通訳など、さまざまな通訳案件を多数取り扱っております。これから通訳者としてのキャリアを積みたいという方は、奮って弊社の人材募集にご応募ください。(上畑)

<めじろ奇譚>ブラジル式ポルトガル語とポルトガル式ポルトガル語の違い

2021年7月1日

私はスペイン語コーディネーターとして2014年にフランシールに入社しましたが、当時怒涛のように押し寄せていたのはスペイン語ではなく、ポルトガル語の仕事でした。ラテン語を起源とするスペイン語とポルトガル語は文法構造上類似点も多く、使用される地域も近いので、第2課は「ラテンチーム」として今でもスペイン語・ポルトガル語案件を中心に取り扱っていますが、入社するなり、私は訳もわからぬまま大量のポルトガル語翻訳案件を担当することになりました。

ポルトガル語が使用されている国といえば、もちろん本国ポルトガル、そして、次に頭に思い浮かぶのはブラジルかもしれません。しかし、当時最も多かったのは、アフリカ南部のモザンビークを対象としたODA案件関連の翻訳でした。世界地図を見せられてもモザンビークがどこなのか最初は見当もつかない私でしたが、「モザンビーク」の名前を聞かない日はない、というほど当時はモザンビーク案件が多かった記憶があります。資源関連の研修教材、教員養成校の建設案件、看護師向けの研修教材、新規現地オフィス立ち上げのための会社定款・登記簿の翻訳など、分野もさまざまでした。

ある日、お客様から「今回の翻訳はモザンビーク向けだから、ブラジルのポルトガル語ではなくて、ポルトガルのポルトガル語で書いてほしい」という要望を受けました。そこで私は初めてポルトガル語の翻訳も、提出先の国によってスタイルが異なることを知ることに。

歴史的な背景から、アフリカ大陸にもポルトガル語を公用語として使用する国がいくつか存在します。モザンビーク、アンゴラ、カーボベルデ、サントメ・プリンシペ、ギニアビサウの5か国です。これらの国々は、地理的にも近いヨーロッパ大陸のポルトガルの影響が大きく、ポルトガル式(つまりヨーロッパ式)のポルトガル語を採用しています。一方、ブラジルもポルトガルの旧植民地であることに違いはありませんが、先住民族の言語の影響を受けるなど独自の進化を遂げており、特に発音は大きく異なります。

発音についてはここでは触れませんが、ポルトガル式とブラジル式とでいくつかスペルや表現が異なる例を挙げてみます。

ODA関連の報告書でよく目にする「プロジェクト」を意味する単語は、アフリカのポルトガル語圏ではProjectoとcが入ります(発音も、「プロジェクト」)。一方、ブラジルではProjetoとcが抜け落ちます(発音は、「プロジェト」となります)。

肩書として頻出する「局長(ダイレクター)」も、モザンビーク向けだとDirector(ディレクトル)となるのに対し、ブラジルではDiretor(ジレトル)です。(なお、Dの発音も異なります)
ブラジルでは発音しない音を書かない傾向があるようで、”c”だけではなく、「(計画などを)採用する」を意味する動詞もAdoptar/Adotarとなるなど、他の子音でも同じ現象が起こります。

なお、2009年以降、ポルトガル語正書法協定(Acordo Ortográfico da Língua Portuguesa)がポルトガル語を公用語とする 7 か国(ポルトガル、ブラジル、アンゴラ、モザンビーク、サントメ・プリンシペ、カーボベルデ、ギニアビサウ)によって結成された国際協力機関(ポルトガル語諸国共同体(Comunidade dos Países de Língua Portuguesa: CPLP))で発効され、新正書法が採用されつつあるようですが、新正書法はブラジル式に則っている部分が多く、ポルトガル本国や、特にポルトガルの影響が大きいモザンビークなどのアフリカのポルトガル語圏ではなかなか浸透していない様子。ポルトガル本国では「自分達のポルトガル語がスタンダードだ」という自負があるのかもしれません。

正書法協定についてはこちら:http://www.portaldalinguaportuguesa.org/?action=acordo&version=1990

数字の書き方にしても場合によっては2通り存在する、という現状だそうで、

10億を表現する場合:
1000×100万を意味するmil milhõesとして表記するポルトガル式と、
いわゆる英語のbillionであるbilhãoと表記するブラジル式に分かれるため、
大きな数字を扱うODA案件のプロジェクトなどでの通訳の場合、通訳者はとても気を遣うそうです。

「兆」の場合はポルトガル式では”bilhão”、ブラジル式では”trilhão”…ただでさえ数字に弱い私は、一生かかっても大きな額の数字の通訳はできそうにありません。

一見些細なことに見えますが、こういう違いが分かっているのか分かっていないのか、厳しい目で確認されるお客様もいらっしゃいます。ですので、今ではポルトガル語の翻訳のお問い合わせが来ると、まずは「どこの国向けの文書か?」を確認し、翻訳者にも提出先の国名を伝えて、よりその国に合った表現となるように手配を進めています。

最後に・・・
「バス」はスペイン語圏でも表現が大きく異なりますが(bus,autobús,guagua,ómnibus,colectivo…)、ポルトガル語圏でもかなりバラバラだそうで、ブラジルではônibus(オニブス) 、ポルトガルではautocarro(アウトカロ) 、そしてモザンビークやアンゴラではmachimbombo= 「マシンボンボ」と言うそうです!!マシンボンボ!「マンボ!」みたいな可愛い響きですが、インパクト大です。


言語ってやっぱり面白いですね。

(川本)

1 / 8

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント