国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

2020年 春

2020年4月8日

4月といえば日本では始まりの季節。
ですが連日のコロナウイルス禍ですっかりそれどころではない状況となってしまいました。

それでも、桜は咲いています。平日は、あたたかい春の陽気のなか綺麗に開いた花たちに目をかける余裕もなくなっていたな…とふと気づきました。今回の騒動や、地震などの災害が起きても、春になると必ずつぼみをふくらませるその姿は、たくましくも感じます。

(先週末に撮った近所の桜↓)

しゃしん1

しゃしん2

わたしの中で、「通勤中に花を愛でる余裕があるか」というのはかねてよりひとつのバロメーターとなっています。仕事が忙しくても、体調が優れなくても、誰かと喧嘩しても、道端に咲く花に気付いて「きれい」と思えたらまだまだ大丈夫。捨てたもんじゃあない。「キレイだねー」と心の中で(ちょっとあやしいけどたまに小声で)言えたら絶好調のしるし。そんな具合に花に支えられていたはずなのに、心の余裕がなくなっていたようなここ最近。社会全体が不安定な時期なので、日々無意識のうちにイライラもたまってしまいますが、道端の草花に目をやる余裕を常に持ちたいものです。今の時期は、色とりどりのチューリップや、黄色いタンポポもきれい。これからは、新緑の緑もたのしめるかな?

弊社の玄関脇には梅の木がありますが、今朝は小さな実がちらほら見えました。
この実が大きく成長するころには、コロナウイルスも終息して、みんなで収穫できたらいいな、と思います。早く平穏な日々が訪れますように。

(ちびっこたち↓みえるかな??)

しゃしん3

株式会社フランシール

<<
>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント