国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

<めじろ奇譚>アルゼンチンとイタリアの関係

2021年7月22日

私はアルゼンチンで生まれ育ち、18歳で来日しました。
アルゼンチンと言えば、サッカーやタンゴを思い浮かべる方が多いと思うのですが、今回はそれら以外であまり日本人には馴染みのないアルゼンチンについて紹介したいと思います。

現在、アルゼンチンの人口は約4000万人、その内の6割以上がイタリア系の先祖を持っていると言われています。アルゼンチンにはイタリア系の人が多いのはなぜなのでしょうか?

アルゼンチンは14世紀から19世紀の初めまでスペインの植民地でした。1816年7月にアルゼンチンはスペインから独立し、人口を増やし国の技術を発展させるという目的で世界の様々な国の人を受け入れるようになりました。ヨーロッパの国々に広い土地を安く提供する代わりに、アルゼンチンで農業を行ってもらうという方法で移民を誘っていたそうです。独立後から20世紀中頃にかけて、内戦から逃れるため約300万人のイタリア人が移住し、その数は当時アルゼンチンに住んでいたスペイン人よりも約100万人多いものでした。

ちなみに、かの有名なアニメ「母をたずねて三千里」は、1882年のブエノス・アイレス(アルゼンチンの首都)に出稼ぎに行ったまま、音信不通になっている母アンナ・ロッシを尋ねるべく、主人公のマルコ・ロッシがイタリア・ジェノヴァからアルゼンチンへと渡る姿を描くストーリーです。

イタリア語とスペイン語は非常に似ているためお互いに母国語で話していても話は大体通じます。これは私の予想なのですが、人口の大半がスペイン語を話しているためイタリア語話者がスペイン語に寄り添う形になっていったのではないかと思います。そのため、イタリア人の方が多かったにも関わらず、公用語は既に定着していたスペイン語が保たれたのではないでしょうか。

しかし、イタリア人がアルゼンチン社会に適応し、アルゼンチン文化に染まったというわけではありません。アルゼンチン人はイタリア人から多くのものを受け継いでいます。発音から食文化、また、話す際にイタリア人が良く使うハンドジェスチャーもアルゼンチン人はよく使います。

アルゼンチンのスペイン語はそういったミックス故に他のスペイン語圏のスペイン語とは明らかに違う感じになっているため、アルゼンチン人だとすぐにわかります。イタリア語風の発音のスペイン語に話されています。一つの例としては、スペイン語では「LL」の発音は「リャ・リュ・リョ」/「ジャ・ジュ・ジョ」に近い音(地域により異なります)なのですが、アルゼンチンでは「シャ・シュ・ショ」と発音します。この発音方法をシェイスモと呼ぶのですが、イタリア語から来ている概念と言われています。

例:自己紹介でよく使われる表現
Me llamo 〇〇. (私は〇〇と言います。)
という表現があり、日本でスペイン語を学ぶ方は「メ ジャモ 〇〇」と学ぶことが多いみたいですが、アルゼンチンでは「メ シャモ〇〇」という発音になるのです。

アルゼンチンの食文化に関して調べると、長時間炭で牛肉を焼く「アサード」が良く出てきますが、実はイタリアの食文化にもとても影響されており、ピザ、パスタ、パンなども非常に食べられます。イタリア料理でよく使われる香辛料を用いて生み出された、アルゼンチンの郷土料理「ミラネーサ」などもあります。ミラネーサは直訳すると「ミラノ風」という意味を持ち、簡単に説明するとオレガノ、パセリ、ニンニクを加えた卵に薄い牛肉を浸して数時間寝かせた後、パン粉を付けて揚げる料理です。アルゼンチン人は皆この料理が大好きで、あの有名なサッカー選手「メッシ」も、あるインタビューで好物は何かと聞かれた際に「ミラネーサ」と答えています。

       

ピザに関しては有名なピザ屋が多く存在し、観光客用に有名ピザ屋のツアーなどもあるほどです。また、日本では毎月29日は「肉の日」で、スーパーや精肉店でお肉が安く手に入る日ですが、アルゼンチンではニョッキの日であり、この日はパスタ屋(パスタの麺などを売る店)でニョッキが安く提供されるため、家族でニョッキを食べることが伝統です※。

※昔は裕福ではない人たちが月末になってお金が足りないことから一番安く手に入るジャガイモで「ニョッキ」を作る習慣があり、29日をニョッキの日にしていた、という説があります。

このようにアルゼンチンはイタリアから多く影響を受け、自分達の文化の一部としています。

こちらの内容が面白いと思ったらグッドボタンと登録ボタンをお願い致します!
あ!間違ってしまいました!こちらはYOUTUBE用のセリフですね。

アルゼンチンのみならず他の国や言語に関するコンテンツもありますので、ご興味がありましたら是非YOUTUBEチャンネルもご覧ください!

https://www.youtube.com/channel/UCGE8jlpXB4WjU0GUruRnwHw

(山本亜聖)

<<
>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
サイト内検索
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント